フー ヤオ ネタバレ。 扶揺|4・5・6話|あらすじ ネタバレ感想

長孫無極(イーサン・ルアン)は穹蒼国の長老から五色石を持つ扶揺の息の根を止めるように言われていました。 間に合った! 63話 父子の葛藤 徳王の処刑を止めた皇后が、無極に真実を話そうとするのだが、それを拒んだ徳王は、無極の剣を抜き、自分の腹を刺して命を絶ってしまう。 必死に呼びかける扶揺の声を聴いて、意識を取り戻した長孫無極は彼女を見て、愛おしそうに微笑みます。 しかし 彼女を愛するあまり、手にかけることができません。 しかし帝非天の封印を解こうと目論んでいた 非煙(リュ・シュエン)が姿を現し、長老たちの命を奪います。
55

重厚なセットも見逃せませんが、 細部にまで手をかけている衣装は目を楽しませてくれます。

扶揺を止めた時、皇太子は傷を負う。

私が一人死ぬことで、人々を助けたかった。

そこで、必死に長孫平戎に抵抗した彼女は満身創痍のところを長孫無極に助け出される。

無極は必死に止めるが、扶揺は狂ったように笑いながら無極をめった刺しにする。

皇太子は「個人的な恨みがある」と扶揺を裴瑗から奪った。

玉衡は十聖者の孟朔である。

扶揺が奴婢の時に着ていた衣装の編んだ上着や、こぎん刺しのような刺繍…素朴でありながら、とても美しい衣装… 他にも絞りのある生地の衣装、重厚な刺繍、風に舞う柔らかな素材など服好きには堪りません。

そして扶揺は璇璣の王宮に生まれてからのことを思い出していた。

平和になった五州。

10

だが先に 裴瑗 はいえんと 燕驚塵 えんきょうじんが中に。

太淵国には武術の流派 玄元 げんげん派がある。

あとなんか都合のいいときに五色石が光りだしてテレポートしてました。

そして神獣にまたがり誇らしげに 燕烈 えんれつたちの前に表れた。

太妍 たいけん が持っていた師祖・長青子 ちょうせいし の鏡で、扶揺と五州の両方を生かす方法を見つけようとします。

どうしようもないワクワク感で次回が楽しみで。

70