ラーメン 二郎 ブログ。 大盛りで有名な「ラーメン二郎」で起きる大食いハラスメントが断じて許されない理由(東龍)

食べるときは多くの場合歯で引っ張りながら食いちぎるようにして食べる からのアプリを削除したはずなのに、俺はまだ世界とつながろうとしている
・ ・ すする音で不快にさせるというヌードルハラスメント、さらには、銘菓を特定の人だけに配らなかったり、無理に食べさせたり、購入を強要したりするお土産ハラスメントなど、食にまつわるハラスメントも少なくありません 世界の解像度を上げることは幸せにつながらないことが多い
あんたは別れた父さんと一緒よ! 家父長制に甘んじて生み出されただらしない長男坊!!あんたなんか産まなきゃよかった!!! ハッ!夢か…今日はとの大事なレース これがカツカレーのか
明らかにこのフェーズに差し掛かって何の問題にも着手しない印象を持たせるような無能感 二郎の中では柔らか目の麺ですね
食育の一環で行われているバイキング給食では、自分で食べられるだけの分量を取ることを学びます みんなもうちょっと食べたかった、という雰囲気を出してるのでガッツリ食べたい女性は物足りないかもしれない
あっさりものを捨てられないタイプの人は、多分「もの」に支えられて生きている 小説を読み、テレビを見て、スーパーで買い物をしているはずなのに、情報は分断され、どうにも世界を広げることができないままに生きている
店に着いてから15,16分ほどで入店 別れの当事者は誰なのか
倉庫の中でテントを貼って過ごす生活で心も休まらないように見えたが、俺にとって学びとなる瞬間は非常に多く訪れていた。 味染み染みでしっかりな茹で具合ながら、変なパサつきはなくジューシー。 ライフスタイルを見直すきっかけとなっている気がするのが今回の静岡出張であった。 そしてその後を持ち返す、というのはなかなか難しい。 結構過酷な1週間であった。
濃いめアブラ多めが絡みつく、というよりは纏い付くヤワメのアチアチ()麺本当に美味ぴょい伝説だぜ… 沼に浸した海苔で巻くライスはどんなよりも満足度が高い。 昨日は3連休中日ということで、ちょろっとお台場に行ってアクアシティのUFOキャッチャーで遊んでたのですが、連休で混む日はやはりアームが渋く、あまり取れませんでした。 身辺整理というのは、自分の財産や思い出を、自分より先に、自分自身で供養する行為のことを指す印象がある。 多店舗よりキャベツ比率が少し高い嬉しいヤサイ。 ラストオーダーの19時30分に間に合いました。 堪能した。 赤身オンリーの1枚目に食らいつく。 中学生の頃から病気もせずにを食ってる50代の人、俺は知ってるぞバカヤロー! こ、 こ、これは!?!?!? なんだか久しぶりな気もしない。 アカウント名は違うものの、ひたすら二郎を食べ、独特な文体でレポートを書くだけというスタンスから康太本人と思われる。