てん すい の サクナヒメ。 天穂のサクナヒメ (てんすいのさくなひめ)とは【ピクシブ百科事典】

アクションパート キャラクターや背景は3Dだが、アクション自体は。

56
和風の世界観での横スクロールアクションという事で、PVの段階で販売元を同じくするの『』との類似を見出す意見は多かった やはり厳つい見た目に反して温厚で礼節を弁えており、作中ではサクナに対してまともにへりくだる数少ない人物である
ゆいに付きまとわれており、逃げ回っている 脚注 [ ] 2020年7月20日閲覧
冬は取得しにくい アクションパートを通じて手に入れられる素材は稲作パートでも重要な要素になってくる
名を 桂 右衛門尉 瑞月朝臣 高盛(かつら うえもんのじょう みづきのあそん たかもり)、歴史上の人物に倣って現代人風に呼ぶなれば「桂 高盛」となろうところ、中近世の「ケミョウ」に近い性挌を帯びた「田右衛門」の名で呼ばれる事を好んでいる きんた CV:前田 聡馬 両親と姉と生き別れてしまった戦災孤児
このアクションに関しても評価は高く、コンボ重視の爽快なアクションはスクロールアクションとして高い完成度を誇っている 茶っプリン 2020年11月12日. 過去作との関連 この作品は、元はといえば 2として、アクションパートの基本的な操作システムや「敵をぶっ飛ばし、衝突させてダメージを稼ぐ」といった多くの要素が引き継がれている
最終的に、ヒノエに鬼が発生する原因が仇敵・大龍であることを突き止めたサクナは、大龍との戦いにおいて命と引き換えに本来以上の力を引き出し実質相討ちとなったが、倒した大龍の腹の中に囚われていた両親の魂が死を肩代わりすることでサクナは生還 」『CG WORLD 2020年 12月号』、2020年、26—31
58