多面 的 機能 支払 交付 金。 『多面的機能支払交付金』とは?農地・水路・農道の維持事業などで助成金を受け取る方法

青森県の農地老朽化水路補修工事 件名 青森県天間林土地改良区 農地老朽化水路補修工事 施主名 天間林土地改良区 施工場所 青森県十和田市 施工業者 保全隊 使用商品 コンクリートキャンバスCC5 使用数量 390㎡ 目 的 水路補修工 施工時期 平成30年9月 青森県の農業用水路の補修工事に、交付金が活用されました 3月31日 取組事例集にを追加しました!• 地域住民による直営施工(農業者・地域住民が直接参加した施設の補修など)• 県では、こうした多面的機能の発揮を促す、農地周りの草刈りや水路の泥上げなど、農家のみなさんが日頃から取り組まれている、維持活動を支援しています
多面的機能支払交付金 平成26年度から、多面的機能支払交付金により農業・農村の有する多面的機能の維持・発揮を図るための地域の共同活動を支援します このため、地域共同による水路の泥上げや農道の路面維持等の地域資源の基礎的保全活動に加え、水路、農道等の軽微な補修や植栽による景観形成等の農村環境の良好な保全といった地域資源の質的向上を図る共同活動や、施設の長寿命化のための活動を推進するための事業が多面的機能支払交付金です
この事業は、農地・水・環境保全向上対策として平成19年度から始まり、平成24年度から2期目対策(農地・水保全管理支払交付金)として継続していましたが、平成26年度から多面的機能支払交付金へと名称を変え、取り組み内容の拡充や事務の簡素化などの制度の充実が図られ、平成27年度から「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」の施行により、多面的機能支払交付金は法律に基づく安定的な制度となりました 4月9日 を追加しました!• 取組事例集• 水路や農道などの施設の軽微な補修 農用地、水路、農道などの機能診断や補修を毎年度実施する場合、支援を受けることができます
なお、平成27年4月1日からは、「農業の有する多面的機能の発揮の促進に関する法律」が施行され、法律に基づいた制度となりました 農地周りの環境改善活動の強化(鳥獣被害防止のための対策施設の設置など)• (事業計画の認定申請書の提出は6月30日までです
活動計画に位置づけがない施設の保全管理 交付金の返還. (老朽化・劣化した農業用水路) 水路周辺の道が細く、コンクリート打設工事のための重機の乗り入れができなかったため、別の解決策が求められていた中、交付金の活用によって採用されたのは『コンクリートキャンバス』でした 参考書籍・資料• この事業は、農業者だけでなく地域住民、自治会、関係団体などが幅広く参加する活動組織を新たに作っていただき、これまでの保全活動に加えて、施設を長持ちさせるようなきめ細やかな手入れや農村の自然や景観などを守る地域共同活動の促進を目的に行うものです
56 7