ピアッサー コツ。 ピアスをまっすぐ開けるには?

深呼吸は口呼吸ではなく鼻呼吸が鉄則です! 鼻から吸ってお腹に空気をたっぷりと溜める意識をして、鼻から空気を吐き出しましょう。

このぐらいですかね。
回答失礼します。 開けた後、一週間だけはピアス付けっぱなしで、一週間後には透明ピアスや別のピアスに変えるなどした方がいいですよ。 最初は回りづらいと思いますので無理に回さなくても大丈夫です。 ただし、18金は全ての人にアレルギーが起きる材質ではないので、ファーストピアスには他の素材を使い、 穴が完全にできあがってから18金のピアスに変えればアレルギーは起きにくいのでおすすめです。 ポストの長さも長めの8mmなので日本人の耳の厚さに最適です。 太さが細いほど開けるときの痛みが少なくなります。 その後、 もし痛くなければ、ピアスを前後に動かしながら消毒するといいですね。 セルフで開けるよりお金は掛かりますが、衛生面と安心感は確かだと思います。 ニードルでしたら、注射針と同じように先が鋭くて痛みもあまりなく、穴もきれいにあくのでおすすめです。 ピアスホールが理想の位置と違う ピアッサーを使ってピアスを開けると、 理想の位置とずれてしまうことがよく起こります。
79 81