オクラ 育て 方 プランター。 オクラの上手な育て方

土の表面が乾いていることに気が付いたら、その都度水を与えてください。

【種蒔き&間引き】 種は育苗用ポットなどに播くかコンテナに直まきします。
収穫のヒント オクラはピークになると一瞬で実が大きくなります。 2 土を入れて、直径10㎝、深さ1㎝程度の穴を開けます。 また、種まき時期が遅いと夏までに生長が間に合わず収穫量が少なくなります。 [アーリーファイブ] サヤはツヤのある濃い緑色で、かどがはっきりしている5角形のオクラです。 これで、プランター栽培でも簡単に育てられること、間違えありません!• Sponsored Links 苗の植え方 売っているオクラの苗は、大体2~3本立てのものが多いです。
41
もうすでに復活するのが無理な様子 淵から約30mmほど下げて用土を入れ、種を置いたら上から細かな用土を被せましょう
生でサラダなどで食べる場合には気になりますので、一枚ずつはがしましょう 夏場の高温期は水切れを起こさないようにするのが多収穫のポイントです
水やり 収穫量を上げるためにもう一つ 上の写真のように葉を丸めて中に巣を作ります
おすすめの薬剤についてはこちらを参考にしてください オクラは和え物やサラダ、天ぷらなど料理のレシピも豊富です
害虫対策をします プランター栽培の場合は病気の心配はあまりありませんが、害虫対策が必要です 被害にあったらガムテープやブラシ、濡れた布などで根気よく取り除きます
そこで今回は、 初めてでも安心して始められる、 オクラの育て方の手順をお伝えします 播種後50日で収穫の早生タイプで低節位から着莢する
事前準備のポイントと注意点 プランター 1ポット(苗3〜4株を分けずに植えます)につき直径30cm以上、深さ30cm以上の深型タイプの大型プランターを用意します では早速、植える準備をしていきましょう
ベランダでも庭先でも挑戦しやすいですよね 2株の場合は 10㎝-25㎝-10㎝の長さが必要なので45㎝以上の長さのあるものを選びましょう! そして、オクラは根を深く張る野菜です
肥料というものはたくさん与えればよいというものではなく、与えすぎるとメタボになってしまい病気になってしまいます 設置場所の注意点として、移動が困難になりますので、最初に設置する時に日当たりや風通しがよく、かといって風が当たりすぎるところは避け、お手入れがしやすいところに置くようにしましょう
オクラ栽培の成功の最大のポイントは土作りです 露地栽培の土作り オクラを露地で育てるときの土作りについて説明します
75 95