アワビ 酒 蒸し。 焼いても蒸しても生でも♪アワビのおいしい食べ方や調理法をご紹介!

「鮑のにぎり寿司」 頂いた感想は 「すごくやわらかい~歯で噛み切れる~」 「それにバターでソテーすると旨味と風味が一層増すね~」 「お刺身もいいけど、バター焼きもうまい」 という感じで、 みんな、大絶賛でした。

(左) 右:さばいた別のアワビを薄くしぎ切りにし、薄く片栗粉をまぶす(付け過ないように)。

」 それでは山葵醤油をつけて頂きま~す。

香ばしい生ウニの甘さがアワビのうまみ と食感を醸し出してくれます。

肝は生でも、サッと湯通しして食べても美味しい上に栄養も満点! 身の部分は、薄くスライスしてお刺身に。

煮貝を柔らかにする最大のポイントは「 酒の量」です。

そのため、洗ったときの塩気なんかも味わいに反映されてしまいます。

長時間の場合は2~3時間。

蒸し器にかけて、弱火で15分程蒸す。

20

中華ダレをつけて食べるとまた違った味わいを楽しめますよ。

電子レンジの方が手間がかからず簡単に作れるので、蒸し器があっても電子レンジで作りたくなってしまうかもしれないですね。

知識と技術を要する干しアワビの見極めは、この道 50 年の経験をもとに料理長の徐維均が自ら手がけます。

酒蒸しの場合も殻を下にして蒸し器やフライパンで酒と一緒に蒸し上げます。

あわびを蒸す時間はじっくり2時間。

「伊勢の海人 朝な夕なに 潜つぐ 鮑の片思いにして」と、万葉集に歌われたことから来ていると言われています。

あとは、適当な薄さに切れば完成ですよ。

60