ベーテン ピアノ コンクール。 ベーテン音楽協会

21
そのピティナが主催のピアノの競技会 親日家が多いことでも有名な国ですね
地元に根付いたコンクールながら、日本で3番目に創設された国際ピアノコンクールで、1位入賞者への副賞も豪華です 18歳から30歳までのピアニストが参加します
アメリカのニューメキシコ州で開催されるコンクールで、18歳から32歳までが出場できます 4年に一度、ロシアで開催される音楽コンクールです
「生涯にわたって音楽を愛し楽しみ続ける事ができるように」という理念に基づいています そのピティナが主催のピアノの競技会
課題曲も、それに合わせて細かく分けられています 部門によって6歳以下、10歳以下、15歳以下と年齢に下限を設けていないのが特徴
競いあったり、欠点を指摘されたり、 普段ではない動揺もあったかもしれませんが、 そのことで見えた課題などにも挑戦しつつ、 これからも誰かに聞いてもらえる音楽を! 誰かを癒せる音楽を、 楽しめるようになっていただきたいと思います 主催者は東京都板橋区成増のヤングアーチスト協会、コンクール後は受賞者によるコンサートも行われます
小学3~4年生や中学生の部では全国大会出場者数が去年の倍になり、去年の中学生の部の演奏曲がそのまま今年の小学5~6年生の部のプログラムになっているほどレベルもアップ びっくりしました 生徒さんの結果は、、、 全国第5位入賞 全ての演奏が終了し、審査会議のあと発表、その後、上の学年の演奏が続いているホールではなく、ホワイエでの表彰式があり、、、 表彰を待つ、本人の後ろ姿 表彰は第1位から行われ、いよいよ、 全国第5位のメダル授与 10月末に横浜で行われた山手の丘音楽コンクール全国大会で優勝していた彼女は、かなり高いレベルまで仕上げられたその曲ではなく、そこからわずか1ヶ月ちょっとの時間に、あえて違う2曲で挑戦しました 練習始めは、僕自身が「最高の力を出し尽くした感」がいっぱいで、なかなか良いレッスンが出来ず、きっと彼女に迷惑をかけたのですが、彼女自身がそれをカバーしてくれました そんな成長を遂げた彼女にも、お家で支えて下さったご家族の皆様にも、感謝感謝です コンクールのあといっしょに晩ごはんを食べて乾杯し、たまたま予約していた帰りの新幹線が同じ時刻で(しかも同じ車両 )、さすがに座席は離れていましたが、たまたま空いていて一緒に座ることが出来て、夜遅く、岡山まで一緒に帰って来ました 帰りの新幹線の車内で見せてくれた、 キラリと輝く、全国大会第5位のメダル それと、 表彰状 とっても嬉しい気持ちで帰って来ました 東京で吸収して来たことを、山本あきひこのぴあの教室の生徒さん一人ひとり、みんなに、レッスンの内容としてお伝えして行けるように、みんなと一緒にみんなの未来へっ がんばります. 2001年から3年に1度開催 グランプリは全部門より最も素晴らしい演奏をされた方に授与され、副賞として海外でコンクールを受けるためのヨーロッパ行き航空券が支給されます
地区を複数跨いで出場することも可能です 東京からピアノ音楽文化の振興と普及に寄与し、幅広い年齢層から優れた才能の発掘と育成を図ることを目的とするコンクールです
35
コンチェルト(協奏曲)を課題曲の中心に据えているのが特徴。 第1~ 2 位入賞者がの本審査(10月)に直接参加を認められています。 この大会の入賞はキャリアにも大きな箔がつけられることがよく分かります。 ピティナの課題曲は毎コンのように難しいものではなく、誰もが気軽に参加できるコンクールというところから始まり、 今ではレベルもかなり上がってきました。 ホームページは第1回からこれまでの受賞者も明記されます。 予選はメディア審査(書類および音源)。 200名を超える出場者が集まったピアノ部門。 提携コンクール。 主催はで、2017年の予選の開催は九州を除き岡山県以北を中心に、全国各地で行われました。 ピアノ部門、弦楽器部門、声楽器部門の3部門があり、主催は広島県のです。
34