公務員 冬のボーナス コロナ。 国家公務員 冬のボーナス65万円。コロナ禍でも微々たるマイナスに批判殺到(MAG2 NEWS)

2012年に東日本大震災の復興財源のためにと引き下げられた時以来の9年ぶりの減少です。
開会中の臨時国会で審議され、可決成立する見込みだ。 来期以降も状況が改善せず、赤字が続いたとすれば、債務超過に陥る可能性も出てくる。 公務員(国+地方)の1人当たりのボーナス平均支給額は73万1290円と、前年比1. 税収の減少と公務員の人件費増加のツケがいずれ国民に回ってくると述べ、「単純に公務員のひとり当たりの給与を減らせばいい、というわけではない。 05月単位で増減する)下げる つまり、2020年の公務員のボーナスは、4. 05%減) ということになりました。 8%減。 今年の勧告をめぐっては、コロナ禍で人事院による民間給与の調査開始が遅れ、ボーナスの改定を先行させた。 あえて「男女混合フロア」を取り入れているのだ。 このような流れで、国家公務員の給与やボーナスが決まります。 勧告を遅らせて調査をしたにもかかわらず、新型コロナの影響がまだ給与面には出ていないと思われる4月を基準にしたのだ。
もともと国家公務員のボーナスは民間企業の状況を参考にしながら法律で定められているものなので、ずるいと非難される言われはもちろんありません 2021年夏 公務員のボーナス支給日は6月30日 気になる、国家公務員の2021年夏ボーナス支給日ですが、これも法律で決められています
その代わりに公務員と民間の給与を比較し、公務員給与を民間の水準に合わせようということです 同社では「コロナ禍が公務員のボーナスの下押し要因としてはっきりと表れるのは、今年の冬以降となるだろう」とみています
このうち多くの企業が3月中旬までにボーナスを決めており、7月下旬に公表予定の最終集計では、3月下旬以降のコロナ禍の影響がより強く反映される 2021年の6月30日は水曜ですので、当日6月30日が支給日となります
比較対象となる給与は、同じ条件(仕事の種類、役職段階、学歴、年齢等)の給与とされています ボーナス(期末手当、勤勉手当)の支給は、 ・基準日(夏6月1日、冬12月1日)に在職する職員に対して (基準日前1カ月以内に退職や死亡した職員にも支給される) ・支給日は、夏6月30日、冬12月10日 (支給日が土曜の場合は前日、日曜の場合は前々日の金曜) と記されています
2020年の年明けから新型コロナウイルスの影響が顕在化し、感染拡大が続いたことで、ボーナスにも影響が及んだ 9年ぶりの減少 まずは国家公務員の前回(2020年冬)のボーナスからみてみましょう
21 46