男子 テニス 世界 ランキング。 【錦織圭】最新ランキング、ライブ順位、推移と2021年男子テニスATPトップ100&レースランキング

アレックス・デ ミノール(オーストラリア)は、大会に第2シードとして出場。

ATPランキングは原則として、過去52週間(1年)で獲得ポイントの多い19大会(2021年から)の成績を元に決定される。

2020年にカウントされたポイントは、52週間後または2021年の同大会開催時の先に来た時まで残る 引用元: ごく簡単に言うと• ステファノス・チチパス(ギリシャ)は、準決勝でライバル(ドイツ)を制し、初めてのグランドスラム決勝戦へと進出した。

4 マテ・パビッチ(クロアチア) 7,040(7,040) 5. ポイントに加味される 「最高19大会」とは、グランドスラム 4大会、ATPワールドツアー・マスターズ1000 の 8大会、その他のうち最も成績のよい(ポイントの高い) 7大会となる。

ともにグランドスラムでは初めての準決勝進出。

10 マッテオ・ベレッティーニ(イタリア) 3,085(3,085) ------------ 41. 4 マテ・パビッチ(クロアチア) 7,040(7,040) 5. Nicoloz Basilashvili GEO 14. ティーム• 幼い頃は、数多くの大会のジュニア部門で優勝をしてきました。

オリンピックでは、日本男子テニス界96年振りにメダルを獲得しました。

74 50