ホラー サスペンス 漫画。 【2021年】サスペンス漫画のおすすめ人気ランキング50選

講談社• 一方で、彼女が通う大学では麻薬密売組織が暗躍していました。

極限状態に追い込まれた人間たちが織りなすサバイバルサスペンス漫画です。

知恵と交渉力で戦う心理ゲーム LIAR GAME(ライアーゲーム)は、タイトルの通り嘘をつく力がキーポイントとなるギャンブル漫画。 愛する家族を失った則雄が必死に立ち向かう姿も見どころです。 春野は予想外のことに思わず座り込んでしまう。 作者・中山昌亮はホラー漫画専門に近い漫画家さんらしいので、前述の伊藤潤二と同様に作者のホラーマンガ全般がおすすめしやすいかも。 ただ配送の内容が実に怪しいものだった。 うなぎ鬼 「あんた、知っているか?うなぎは何でも食べるんだぜ」 借金に苦しんでいた主人公は裏の仕事に励むことに。
80

前述のぬ~べ~と同様に1990年代に人気を博したんですが、まさにノストラダムスの大予言が流行った世紀末を象徴するようなパニックホラー漫画。

ミステリアスなストーリー展開が人気の漫画• 639円 税込• うなぎはタンパク質ならなんでも食べる魚で有名らしい。

また、そこに どうやってその仕掛けを施したかという謎やサスペンスも絡んできます。

ミステリー、サスペンス• しかしシ役所で働く人間は、実は元罪人や元犯罪者ばかり。

生まれながらのサイコパスが中学教師としてクラスを支配していく漫画。

愛する家族を失った則雄が必死に立ち向かう姿も見どころです。

彼女が狩るのは動物でもなく、なんと人間。

32
ただ「本性」とは言っても、実に悲しい物語が隠されてる ついには春花の家族に対して牙が向き、春花以外の家族全員の命が失われてしまう
中身は50・60kgのコンテナ」 エマは子ども離れした知能を駆使し、自分達の 支配者「ママ」を 出し抜いて、 孤児院からの逃亡を計画しますが…
まさに非の打ち所がない、幸せに満ちあふれた男 本作も2012年に中山優馬さん主演で テレビドラマ化
果たして、倉見が運んだコンテナとは何だったのか?再び倉見の人生の歯車が狂い出す…といったホラー漫画 推理小説並に練られたミステリーやトリック、サスペンス展開に初めて読んだ時は夢中になったもの
だからストーリーに若干バトル要素も組み込まれている珍しいホラー漫画 ホラー系のジャンルは好きだけど、普段漫画を読み慣れてないんだよなーという人も比較的読みやすいはず
いつか訪れるその日に備えて、犯罪すれすれの方法でお金を稼いでいた 先を読み進めるのが人類の末路を見ているようでこわ面白いですよ、
作者の芦原妃名子には他にもテレビドラマや映画にもなった「砂時計」などの名作があります ホラーと聞くと幽霊や妖怪が想像されますが、この『ミスミソウ』の怖さは「人間の本性や醜さ」にあります
しかし今度は、 我に返ったように話しかけてきます 既に人間関係ができあがったクラスの中に春花の居場所はなく、転校当初から想像を絶するイジメが始まった