宝塚 歴代 トップ。 【宝塚男役】平成時代の歴代トップスターまとめ!年齢や伝説と遅咲きは誰かも気になる!

びっくりしたのは音月桂さんが、先輩の壮一帆さんより先にトップスターになっていたことです。

(2016年11月21日〜2019年10月13日)• 真琴つばさ・風花舞• 宝塚・星組の次期トップは誰? 宝塚のトップスターが入れ替わるのは、 現在のトップスターが退団、もしくは専科移動してからとなります。

草薙 稀月• 第6位:剣幸 第6位は剣幸さんでした。

トップスター• 2番手としての時代がとても長かった壮一帆さん。

(1971年退団)• 拓斗 れい• 春野寿美礼・大鳥れい• そして引き際を、しっかりと見定める「トップスター」も素晴らしい! ではこれから歴代トップスターとトップ娘役の一覧表を紹介していきます。

匠ひびき(73期)・大鳥れい(79期) 5期差• 専科に異動されるということはそれ程3拍子揃っているからこそですが、近年専科からトップスターに就任される方は珍しく、就任発表があった時には驚きと喜びが大きかったことを覚えています。

トップ娘役• 礼真琴(95期)・舞空瞳(102期)現役 6期差• フランス発のロックミュージカルで、楽曲も現代的。

その疑問の答えは 【初演を演じた雪組メンバーに合わせたキャスティングが現在まで引き継がれているため】です。

今回のアンケートでいただいた票数は、総数8508票。

62

真風涼帆(92期)・星風まどか(100期)現役 7期差• 宝塚の男役として、あまり崩したり冒険することのない正統派な歌い方をする明日海さんですが、『ロミオとジュリエット』のロミオ役とティボルト役の2役を演じ分ける高い表現力は分かりやすい例と言えるでしょう。

1967年、歌劇団初のブロードウェイミュージカル『オクラホマ! (元雪組トップスター、2002年退団)• 柚希礼音(85期)・夢咲ねね(89期) 3期差• (元花組男役、1997年退団)• 星組・北翔海莉さん 音楽学校入学時は最下位、歌劇団入団時39人中10番• 轟悠、天海祐希、花總まり、など。

桜庭 舞• 今回は、昭和時代のトップスターの方々をご紹介させていただきました! 宝塚の長い歴史の中には、本当に様々なスターさんが誕生し、数多くの伝説を生んでいることが分かりました。

夏美よう(1993年5月1日〜1996年12月16日)• その中で所謂「遅咲き」と呼ばれるスターさんを選出させていただきました。

この先、どのような歌うまコンビが登場するか楽しみです! まとめ ここまで歴代歌うまトップスター&トップコンビを見てきました。

初舞台の演目は、大和悠河・陽月華トップコンビ退団公演となる宙組「薔薇に降る雨/Amour それは…」。

2019年にも、3人のトップスターが退団することになりました。

1967年、歌劇団初のブロードウェイミュージカル『オクラホマ! 花組・明日海りおさん 49人中8番• 25倍の中、首席で入学、予科(1年目)を首席で終了。

涼風さんのリズムの取り方は独特で、ビブラートも強めなので好き嫌いが分かれるかもしれませんが、その声量を聴けば魅了されてしまいます。

(2003年3月24日〜2005年8月14日)• 宝塚歌劇団 102期 2014年4月に宝塚音楽学校に入学、2016年3月に宝塚歌劇団に入団。

28