俺ガイル ss 小町 いじめ。 俺ガイルSS やはり俺の球技大会は間違っている。

14 屋上 さぁ! 屋上で戸塚と2人きりで昼食だ! キタコレ 神様ありがとうございます…. 海人「あれ?なになに?暴行ですかぁ? いったいなぁ…で?なんの用なの?比企谷」 八幡「正当防衛だ。

どんな仕事も笑顔で引き受ける彼女は、従業員たちにとって太陽みたいな存在だったんだと」 八幡「そんな人が死んだんだ。

なんてか、気を使わなくていいって。

28 ID:hLU5NYUb0 雪ノ下「ッ……!?姉さんがいるの?」 八幡「さぁな、だがこの声明を聞いたならあの陽乃さんは黙ってないだろ」 雪ノ下「まさか……あなた最初から私を狙って?」 八幡「いや、それは偶然。

死にたい。

67 41

「やべっ!! やばいわっ! やべっ!」 「一色っ! お前! あぶっ!」 動き回りながら火花を散らすネズミ花火にワタワタと跳び跳ねる俺ら。

まあ俺らが逃げ回ってる時雪ノ下も隠れて笑ってたのは見てたけどな? 「ちぇ~。

02 番外編2 妹とめぐりん、時々ゆきのん ……暇だ ベットに寝転びながら俺は暇を潰す方法を考える しかしこのベットの上から出ることが出来ない なぜかって? めぐり「…八幡zzz…. 王様げーむを挟んだ事による時間経過により発生した満腹感によってライバル達が大きく減ったのだ。

そんな理由で俺はヘビ花火をまず引き受けていたのだが、一人でいるのを見かねたのか、城山が隣に座り、一緒にヘビ花火を興じている。

俺のように。

35