札幌 病院 クラスター。 愛育病院:病院からのお知らせ

専門家「たとえ陰性でも感染対策を」 WHO=世界保健機関では新型コロナウイルスの潜伏期間について、1日から14日間としていて、平均では5日から6日としています。

感染者は9人ですべて従業員。

鈴木直道知事は21日からの3連休を前に「迷った場合は不要不急の外出はしないで」と呼びかけた。

道などは20日、新型コロナウイルスに感染した4人が死亡し、新たに106人が感染したと発表した。

従業員と利用客の計5人の感染が確認された。

退院した患者もその後、感染が確認され、センターでは、この患者が10月下旬に入院したときにはすでにウイルスに感染していて、院内に広がった可能性が高いとみています。

何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

このためセンターは、感染拡大を防ぐ対策が徹底できたと独自に判断して、感染者が最初に確認された11月7日から9日後の16日には重症患者を、さらに25日には、軽症と中等症の患者の受け入れをそれぞれ始めました。

77

また、新ひだか町の日高徳洲会病院でも入院患者3人と職員2人の計5人の感染が判明した。

これまでの感染者数は合計で17名(医師1名、看護師7名、入院患者さま9名)です。

当該職員は無症状であり、発症2日前以前から出勤していないため、PCR検査対象となる患者及び職員はおりません。

2020年12月11日 第11報 (12月10日) その後、新型コロナウィルス感染者の新たな発生はありません。

また、入院患者の中には、介護度が高い患者が増えていて、1人の患者当たりに配置しなければならない人員の数も多くなっているほか、患者との接触の頻度も増えているため、感染のリスクが高まっているということです。

特に医療機関などでは数日後に改めて陰性を確認するといった対応も必要だ。

この職員は事務部門に所属し、仕事場が外来、入院部門とは分離されており、患者さん、ご家族、他の職員との接触はございません。

2020年12月26日 医療法人菊郷会愛育病院 院長 岡本宗則 第17報 (12月23日) その後の感染者の新たな発生はありません。

31