バック カメラ 取り付け 位置。 ダイハツムーヴ(LA150S等)にバックカメラを取り付ける際の難しさ | カーサポ|みんなのカーライフをサポート

と言うのは、上から見ても隙間が全くないように見えて、内部が入り組んでいる事があるからです。

結論としては極端な突起がなければ良いという解釈ですので、なるべく出っ張らないように設置しましょう。

通り道が見つからなくて頭を抱えるというシーンも想定しなければなりません。

バンパー下を這わせて、ライトの部分から引き上げます。

こんな感じですね。

52
(車種によって異なるかと思いますので、ネットで調べてみて下さい) カメラのケーブルの方はアースケーブル(-極)なので、適当な車体のボルトに共締めします。 このセットを選んだ理由は、バックカメラを連動できるタブレットタイプのナビとして使えるからです。 (笑) 従ってここではおそらくほとんどの車で通用するであろう、ナンバー上への取り付け方法について説明します。 ここからバックカメラ配線を内部に引き込むとして、ここから前方のオーディオ位置まで配線を引いていきます。 (普通車の場合には封印がありますので、右側のボルトを抜いて回転させる形になります。 純正のように埋め込むことは可能ですが手間がかかります。 ムーヴの場合、ゲートと車両の配線のチューブの部分が実はカプラーになってます。
50