水木 しげる 記念 館。 水木しげる記念館(みずきしげるきねんかん)

(平成22年)には、のにおいて『』(原作は水木しげるの夫人のの自伝の同名作品)が放送され、人気を呼んだ。 米子自動車道の途中に「日本海まであと50キロ」の標識があり、それに鬼太郎が描かれているので、安全運転をしながら注目を。 水木しげる記念館開館10周年。 1月20日:「水木しげるロードの妖怪たちと地元関係者」が第8回関西元気文化圏賞・特別賞を受賞。 異次元の妖怪絵巻を描き出す三面スクリーン。 年間観光入込客数38万344人。 20名以上の団体はそれぞれ1名につき100円引き 音声ガイド• あらかじめご了承のうえ、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 鬼太郎列車の歴史と現行列車についての詳細は「」を参照のこと。 。
25
161. 妖怪ラテアートといった喫茶・軽食を楽しめる「妖怪茶屋」など、妖怪の町ならではのユニークなグルメを味わえる。 8月28日:水木しげる記念館、開館からの入館者数が50万人を突破。 また、「」「妖怪そっくりさんコンテスト」など、多くの妖怪関連イベントが開催されている。 水木しげる作品の国際的な知名度は、さほど高いとは言えず、日本のみならず世界中の妖怪を画集等で文化的に残した功績や、民俗学としての歴史的貢献度の評価は高いが、日本国内外で大きな差異があり、妖怪等に対する有志者による今後の様々なアプローチで、認知度の高まりが期待されている。 当初は5月頃に突破する見込みだったが、の影響で12月までずれ込んだ。 (平成24年)3月8日、オープン以来初めて館内がリニューアルされ、新たな展示物などが追加された。 ただし、妖怪の像の台座にされている石の中には、島根県の付近で採石された 長黒石 ( ながぐろいし )と呼ばれるを使用した事例も見られる。 ちなみに館内は順路に沿って進んでいく美術館や博物館のようなスタイルなので、観覧しやすく、また各コーナーには音声ガイドも設置されている。 記念館の外でキャラクターの着ぐるみがスタンバイしているのでが、あまりに人がいなくて暇を持て余している姿が可愛らしかったです。 妖怪ブロンズ像や街路樹がライトアップされ、道路には約50種類の妖怪影絵が映し出される。
78
167 鬼太郎の家(鬼太郎・目玉おやじ・ねずみ男)• 最終的に147万人が訪れ、を超える一大となった (平成22年) 4月26日、が愛称「米子鬼太郎空港」の使用を開始
水木しげる記念館の見どころと合わせて、町の魅力もチェックしよう 153• 参考文献 [ ]• 夜は日没から22時まで毎日ライトアップを開催
7月14日:水木しげるロードリニューアルオープン 『ねぼけ人生の間』では、"水木しげる"というペンネームの由来や、作品タイトルが『ゲゲゲの鬼太郎』に改題された理由などもわかりますよ」と、水木しげる記念館の古徳さん
平日に行ったのでじっくり見学ができて入場料700円以上に楽しむ事ができました (平成17年)には、16体のを受けた
150• ヘルシー志向なのも女性やお年寄りにうれしい限りです 14 女夜叉• 5月4日:水木しげるロードの累計入込客数が2000万人を突破
この奇抜な発想が反響をよび、などにも取り上げられるようになってからは全国的に知られるようになり、観光スポットとして各地から多くの観光客を集めるようになった 年間観光入込客数38万344人