テルミドール の クーデター。 高等学校世界史B/フランス革命とナポレオン

ジャコバン・クラブ代表 この憲法では、普通選挙の廃止と二院制議会の設立、そして5人の総裁によって政治を行うシステムが決められます
:36歳 単にテルミドール派とそのあとの総裁政府を呼ぶこともありますが、このテルミドール派とはジロンド派の生き残りや王党派などが結束したものでしょうか
ライプツィヒの戦い ロシア遠征の敗退後に、ナポレオンを捕らえるに至った戦争が、戦場がドイツになった ライプツィヒの戦いである この頃からナポレオン帝政までの1795年から1799年の政府を 「総裁政府」とよび、フランス第一共和制をになった
「第一回対仏大同盟」はイギリス主導のものであったが、イギリスはルイ16世を処刑したことに危惧したと言うより、イギリスの衛星国とも言えるオランダに迫ってきたことを止めないといけなかった つまり、テルミドール派の働きによって恐怖政治が終わったのです
処刑の理由についても徐々に錯綜していき、「金持ちだったから」「役に立たない研究をしている学者だったから」などというとんでもない理由での処刑もあったのだと言います イギリスは、フランス王ルイ16世を処刑した革命フランス政府を嫌い、また革命の広がりをおそれて、イギリスはフランスを敵視した
あまりにも残虐な彼の反革命派への弾圧は、新たな憎しみを生み、革命政府への反感を募らせる結果となり、彼の反対派によって国民公会で彼の逮捕が可決され、1794年7月27日についにギロチンにかけられて処刑されました 3月:フランス国内で反乱が相次ぎ、革命裁判所が設立される• クーデターがによる(熱月)9日(7月27日)に起こったのでこの名があり、「テルミドール」は革命の終結へ向かう「反動」を味することとなった
しかし、内情は全くまとまっておらず、安定にはほど遠い状態だった その日には22人が革命広場で処刑され、翌日には70人、その次の日には12人が処刑されたと考えられています
それが隣のベルギーが侵略を受けたことで危うくなったため、「ルイ16世の処刑に対抗する」というスローガンで各国を集め、フランスに対抗した ただ、改名するのであれば「」になるでしょうね --() 2019年2月19日 火 06:36 UTC 「フランス革命」への統合 [ ] 記事の分量は多くなりますが、は「歴史を総覧する」と言うことで言えばこの記事を「」に統合することも考えられるのではないでしょうか

革命政府は、ブルジョワジー層を中心とする穏健派に政権が移り、プレリアール法の廃止や自由経済化が進められ、恐怖政治を抑えようとします。

1789年1月:「第三身分とは何か」と題するパンフレットが作成され大きな反響を呼ぶ• 処刑に当たって、彼女は泣き叫んで民衆に慈悲を乞うたと記録されています。

そして、そのようにフランス国王が裏切り者だろうと考えたフランス義勇兵とパリの民衆が、テュイルリー宮殿に乱入し、こうして王権が停止した。

ロシア遠征の大敗後、フランスは諸国に攻め込まれ、ナポレオンは失脚し、1815年にナポレオンは エルバ島に流された。

そしてナポレオンは諸外国に攻め込む。

彼は憲兵を用いて国民を監視し、反戦論者を投獄していたと語られることがあります。

一般的には期にロベスピエールが中心となって行ったものが語られますが、実はこの恐怖政治は、フランス革命期以降も歴史上に度々出現する、人類の悪習となりつつある事件でもあるのです。

6月:ロベスピエールが政権を握り独裁政治をすすめる• パリ市第一助役。

元北方軍准将。

6 89