愛知県・大村知事のリコール呼びかけ。 「愛知県知事リコール」署名偽造の“黒幕”とされる人物 高須院長も「偽造を知りうる立場」

と中日新聞は渡辺美智代に関する記事を配信 (工学者) 「僕は発起人の一人なのに、始まってから83%嘘だという結果が出るまで一回も事務局から連絡がないというのはおかしいじゃないですか
2021年6月7日閲覧 2021年3月4日閲覧
2021年5月25日時点のよりアーカイブ 勝利を確しております」とツイートするなど、必要数の達成にその都度自信を見せたが 、田中はこれを踏まえ、署名偽造をしたのは「高須氏がSNSで勝利を確信する内容を投稿してしまった」からだと説明した
前代未聞のリコール署名の大量偽造によって、大村県知事は虚偽情報で、数限りなく攻撃を受け続けた 河村の当確直後、高須は報道各社の取材に対し、「義理で市長選が終わるまで我慢していた
2021年5月23日閲覧 (ジャーナリスト) 「(逮捕された田中を指して)この男のやったこと、我々への嘘と背信に厳しい処分が下ることを望む
「当会は政治団体ですので、政治団体として収支報告を出す義務があります 活動が危険にさらされていると訴えた
高須院長は、昭和天皇の写真を燃やす、旧日本軍を揶揄する、軍による強制連行事実が無い従軍慰安婦関連の像を展示するなどした「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員長で、費用を県の公金で賄った大村知事に、自身のTwitterで強い憤りを表明 また、日本維新の会参議院愛知県支部長の岬麻紀も登壇した
リコール団体幹部が不正署名発覚後、G社に対し、「(発注書を)返してほしい 河村市長とは、リコールを始める時、指導や意見交換・報告の場面はたくさんあった
45