仙石 線 事故。 仙石線

貨物列車 [ ] を参照 東北本線との直通運転 [ ] 仙石線はという私鉄を出自とするため、仙台駅の着発線および駅舎が他路線とは独立しており、仙台駅構内にあった東北本線と仙石線を結ぶ引き込み線が1970年頃に撤去されてからは、直通運転は物理的に不可能となっていた。

釜 - 石巻港間の貨物線廃止。 95
(昭和62年)4月1日 国鉄分割民営化に伴い東日本旅客鉄道(第一種)・日本貨物鉄道(第二種)が承継 ですが予定していたよりも復旧作業に時間がかかったようで、実際に運転を再開したのは午後6時55分頃であったとのことです
1km :1971年4月1日 JRのは原則としてには「M」が付くが、仙石線の場合はいわゆる電車ダイヤのため、電車で運行される普通列車には「S」が付与されている
こうして西塩釜駅 - 東塩釜駅の高架化および複線化が(昭和56年)11月に完成した また、宮城県庁から仙台駅までの区間は、が計画されたことに影響を受けて断念された
経営上は赤字であることに変わりなかったものの、これは国鉄内で評価されて、管理所制度は日本全国の支線区に広まることになった これらはのちに機器類も103系のものに交換した上で正式に103系3000番台となり、などに転用されている
このときは1時間に2 - 7本ほどの運転であった B快速は通過駅が3駅(下馬駅・西塩釜駅・陸前浜田駅)しかなかったため、2014年3月15日のダイヤ改正をもって各駅停車に格下げされる形で廃止され、残ったA快速が単に「 快速」として運行された
ここでは、震災の影響で不通区間が発生していた時期について述べる 5キロメートルをで走る特別快速1往復が設定された
仙台市史編さん委員会 『仙台市史』通史編8(現代1) 仙台市、2011年 被害が大きかった陸前大塚駅 - 陸前小野駅間は、内陸側に移設されることになった
74