きめつのやいばのしのぶさんの絵。 胡蝶しのぶ (こちょうしのぶ)とは【ピクシブ百科事典】

46
21歳 登場人物の名前は創作のほか、「奇抜に見えるが実在する」姓名が多用された
戦闘後は力尽きて死亡し、その魂は有一郎と再会を果たす 対十二鬼月の下弦の伍・累戦で目覚めた
柱稽古にて第一の試練・基礎体力の向上担当として、鬼殺隊員にスパルタ指導している 女に騙されて借金苦に陥った所を後の師である桑島に救われ、剣士としての訓練を受けた
身を立て直し、最も優れた技術を持つ里長を最優先に救出しようと再び行動を開始 だが無表情で口下手なため、誤解を招きしばしばトラブルを生む
2019年には制作による物語の序章を描くテレビアニメ第1期『 竈門炭治郎 立志編』が放送され 、その後も続編の劇場アニメ化や舞台化や玩具化などメディアミックス化が多様に行われている だが、先遣隊は蜘蛛の能力を使う鬼の一家を前に全滅寸前であった
鬼殺隊 当主家 産屋敷 耀哉(うぶやしき かがや) 声 - 演 - 鬼殺隊第97代当主 天王寺松衛門を初めとした他の鎹鴉たちとは仲が悪い
しかし眼球への負荷は強大で、あまりの負荷に強膜が赤く染まり、最悪の場合失明の危険がある 「柱」たちの厳しい追及を受ける竈門兄妹だったが、禰󠄀豆子が血への欲望と怒りに耐えきったことで、鬼殺隊当主・ 産屋敷耀哉の元、その存在は公式に認められる
水の呼吸(みずのこきゅう) 弐ノ型 水車(みずぐるま) 上弦の参・猗窩座との戦いで使用、猗窩座の右腕を切断した 名前は本名
発声できないが人の言葉は理解している 五十鈴 いすず 栗花落カナヲについている鎹鴉
常に無表情で他者への関心が希薄な茫洋とした性格 負傷しながらも拾った黒死牟の髪と刃を喰うことで戦線復帰し「吸血の樹木」の血鬼術を習得
46
蜜璃に対し、文通していたり靴下を送ったり何かと気にかけており好意を持っている その軌道は読みにくく、回避も困難
代償に、雷の呼吸と血鬼術の合わせ技をくらい死にかけるも愈史郎に救われ命拾いする 壱ノ型 轟(とどろき) 爆発のような轟音を出すほどの斬撃を放つ
生まれつき額から目元まで炎の痣を持ち「透き通る世界」にも入っていて人とは感覚がずれている 伍ノ型 鳴弦奏々(めいげんそうそう) 回転させた刃が爆発しながら猛攻する
また 神速(しんそく)という技もあり、最速だが足の負荷が大きく回数上限がある 須磨(すま) 天元の3人の嫁の一人
「祭りの神」を自称する 炭治郎の構えを見て即座に判断し、合わせるように使用した
炎にまつわる名前がついている 彼のみなぜか、ではなく「雀のチュン太郎」をつけられている
陸ノ型 日雲の龍・頭舞い(にちうんのりゅう・かぶりまい) 龍が舞うような動きで接近し、禰󠄀豆子の爆血を纏った刀で斬る 炭治郎の時の最終選別では、姉妹と共に案内役を務めた
98