仙道 スラムダンク。 【スラムダンク】仙道君が中学時代の沢北になぜ勝てなかったのかを考える(漫画考察)

海南のみを目標にして、湘北は眼中にはなかった。

インターハイ予選決勝リーグには翔陽が勝ち進んでくると思っていたため、湘北への下調べを全く行わないまま湘北戦に臨んだにもかかわらず、試合開始から10分ほどで花道の本質を見抜いて、宮益に相手をさせることで花道のペースを狂わせたが、花道が試合中にフリースローを克服したことから、花道への認識を改める。

91
池上曰く、1年生時はバリバリの点取り屋で、高校の公式デビュー戦となった前年度のインターハイ予選湘北戦では47得点を記録し、その後はパスの面白さを覚えてチーム全体と試合の流れを考慮したプレイスタイルへと変化を遂げたとのこと バスケ部襲撃事件では主犯の三井を説得するなど度胸があり 、その点を評価され豊玉戦では前半、花道に代わり途中出場し、野次と怒号が渦巻く中でボール運びを務め流れを引き戻す活躍を果たした
湘北が追い上げてくると、リバウンドによって流れを変えていた花道とマッチアップ 前年度は海南大附属との試合で敗れながらも彦一からは「初戦としてはきつい相手」、清田には「せいぜいベスト8」と評される準強豪校
インターハイでは2回戦で名朋工業に大敗を喫する オールラウンド性は仙道 1on1では沢北に軍配が上がりますが、オールラウンド性であれば仙道に軍配が上がります
川崎 昭雄(かわさき あきお) 3年、192cm、背番号8、C 山王戦にて桜木が負傷した際、異変には気づいておりながら、急成長していく桜木のプレイを観ていたいという思いから「代えたくなかった」ことを吐露し、「指導者失格です」と自責の念を表した
安西とは大学時代の同期生であり、互いに呼び捨てで呼び合う間柄 で、作中では彼と対等な立場で会話のできる唯一の人物 しかし、インターハイ予選決勝リーグでは武里に勝利するも、海南大附属と湘北に惜敗しての3位に終わり、インターハイ出場を逃した
そんな場面をあげてみたいと思います 三井や不良仲間たちとともにバスケ部襲撃事件を起こし、流川をモップで殴り出血させるも、激昂した流川に叩きのめされる
22

この 余裕っぷりがあってこその仙道!彼にはちょっと上の位置からにこっと見守っていてほしいものです。

流川楓親衛隊(るかわかえでしんえいたい) 声 - 、西川宏美、他 流川非公認の。

(むしろ、沢北はきちんと流川を止めていたから、流川はパスを出そうという結論に至ったわけです) バスケのディフェンスは一定基準の身体能力をベースに、経験値と駆け引きの掛け合わせのため、沢北はきちんと描写はされていませんが、駆け引きに優れていることになります。

気になる人はこちらもどうぞ!. 礼儀知らずで自信家、非常に目立ちたがり屋な性格、試合中に相手につっかかること、驚異的な身体能力、同じ背番号10番など、花道とは共通点が多く、お互いを「赤毛猿」「野猿」またはただ「猿」などと呼び合う。

覚えているか?あいつ一人に47点取られたのを…!」 というシーンがあります。

アニメ版の池上の表情の画像。

陵南のエースプレイヤーで、天才と称されるオールラウンダー。

22.まだあわてるような時間じゃない いつもいつも、土壇場で チームを落ち着かせるのはやっぱり仙道なんです。

スポンサーリンク スラムダンク身長ランキング 身長200cm台 210cm 河田 美紀男 センター 山王工業高校1年 202cm 魚住 純 センター 陵南高校3年 200cm? しかし、大阪1位と全国ベスト8の好成績を収めながら、それ以上にいけないことを不満とする学校経営陣により解任され、その後は小学校でミニバスケの監督をしている。

赤木には否定されるも、彼と自身の境遇が似ていると思っていた。

97