刑務所 コロナ。 法務省:大阪矯正管区フロントページ

みんな、『生前の映像が見たい』『生きてる志村が見たい』と言っていました》 志村けんさんを悼むとともに、刑務所では「コロナはヤバい」「簡単に死ぬんだ」との情報が塀の中を駆けめぐった。
「クラスター発生の非常事態の危機が迫っています」 起居する居室棟に感染者のみのフロアを設定して防護服を着た専属職員が対応する
マスクを着けて飛沫対策をしてください、手洗いをしてくださいってな具合に また、刑務所は完全に外部と隔絶されているわけではなく、100%安全とは言い切れない
今月10日までに受刑者129人、職員17人の計146人の感染が確認され、国内の矯正施設では最大のクラスター(感染者集団)となっている 同刑務所で集団感染が確認される前の1月4日、男性受刑者(76)は手紙でこう伝えていた
申込不要,参加費無料です 自衛隊和歌山地方協力本部主催で行われるこの説明会に,和歌山刑務所も参加します
この場所は実質的な独房と言えるだろう 収拾がつかず、服役囚の健康を気遣うような状況にないんです
17
「40人を受け入れる作業工場もあり、感染が一気に広がるのでは」と刑務官の一人は気をもむ。 それに加えて、Aさんが指摘するのは「過密収容」だ。 この訓練の目的は,大規模災害に向けて様々な対策を講じ,防災体制に万全を期し,不測の事態が発生した場合をも考慮した上で,関係機関と合同で実践的な訓練を実施することにより,矯正施設が地域社会に溶け込み,職員一人ひとりが地域社会の一員として信頼を得ることで,地域住民の方々に矯正行政への理解を得ることです。 (編集部). 解放者が明らかにする拷問の実態 2月1日にクーデターが起きたミャンマーでは、政治犯支援協会の報告によると、クーデター以降7月10日時点で、国軍に反対する市民の約900名が殺害され、6600名以上が逮捕された。 受刑者が弁護士に送った手紙から塀の向こうの実態が見えてきた。 「公開の前の週に、一般市民を含め数十人が殺害される事件がエルサルバドルで起きています。 13名の在院者が余暇時間などを利用して自発的に作成に取り組んでいます。 閉鎖空間での集団生活。
8