副鼻腔炎 体験談。 蓄膿症・副鼻腔炎の手術体験談。痛みや再発は?日帰り?すべてブログに記載

頬の痛みと歯痛は副鼻腔に膿が溜まっているので、まだ改善しません。 麻酔が効いているので痛さは思ったほどではない(それでもまあ、痛い)ですが、かなりの力で押されるので、骨のきしむ音とかが感じ取れて、正直ちょっとだけ気持ち悪かったですね。 完全に鼻づまりのストレスから開放されています。 実際、鼻で息を吸い込むと鼻が詰まる経験が20年以上もあったのです。 私の場合は食事制限がなかったので、ご飯とおかずの量がかなり多く、食べきるのが大変なくらいの量でした。 もともと4時間ほど経つとお腹が空き、お菓子を間食していたので、マニュアル通りにできるか不安でしたが、実際やってみると食事がとても美味しく感じ、続けることができました。
69 58
ネブライザー治療、抗生物質5日目 しかし、まだ授乳中だったこともあって風邪薬などは飲まず、自然治癒を目指すことにしました
病院でもパソコンは使えるのかな 黄色っぽいネバネバとした鼻水が出る• 前頭洞(ぜんとうどう:赤色箇所)• また、 気持ちがポジティブになることが多くなりました
レボセチリジン塩酸塩OD錠2. 後鼻神経切断術 こんな名前の手術療法を受けることになりました 今年の冬、 急性副鼻腔炎(蓄膿症)で入院したときの体験談をここに記します
熱は高くても37. ピリピ で暗転です 私の場合は鼻がつまるということがメンタル的に大きなマイナスになっていました
つまり食に対する楽しみというのがなくなっちゃいます 実は私の父も若い頃にの手術を受けていますので、この症状は遺伝なのかもしれません
鼻血どころではない出血を経験する 麻酔が取れてくると徐々に痛みを感じるようになりました 文章にすると難しそうですが、実際にやってみて慣れてくると、簡単にできるようになります
こちらは有料になりますが、もう少し詳しく知りたい方には、こちらのをご参照いただければと思います 8度に下がる
とはいえまだ綿球の取り替えで忙しいです 仕事先から戻ってきてくれた夫と吉祥寺で待ち合わせてランチをしてから、一緒に病院へ向かいました
4人部屋で同室になった方とは、ほどよい距離感でコミュニケーションをとることができて、恵まれていたのもラッキーでしたね 1.内視鏡で上咽頭の状態の確認が行われました
その後、入院する部屋に各自案内され、今日の担当看護師から、電動ベッドなどの使い方や、治療について詳しい説明を受けました 急性期を過ぎてからも、鼻の奥の鈍痛と鼻づまりは続きます
60