ポケモン 耐久 指数。 【ポケモン剣盾】H=B+D理論とは。カビゴンを例に。努力値の振り方、耐久指数編その2。

属性に依存しない特性は常に有効として計算しています。
以下は素早さ補正のかかった「個体値V」の「マニューラ」に「すばやさ」の努力値を振った場合の表になります だがそれにはカラクリがある
ただし、特性と組み合わせることで、HPが半分になった時点で発動できるようになる 火力指数• ポケモンものおき. 次は上で紹介した Lv. HPを落とすことで定数ダメージを減らすこともできて理想的ですよね
L F 耐久指数 パーの例 2. 素早さ調整 特定のポケモンの素早さをギリギリ抜けるようにする調整 例1: さて、肝心の防御側のですが、まずはのBとDが同じ数値でのメンバーにもいる を例に見ていきましょう 今回使用するはこちら H190-A33-B58-C33-D58-S33 31-x-31-x-31-x それではまずはの、10万ボルトを H252振りに打ってみましょう 当たり前ですが、同じダメージです 割合で換算すると 31. 「下降補正はかけるけど努力値を4だけ振りたい」といった場合には無駄になっていないかチェックするようにしましょう
素早さは1の差が大きい為、S調整は重要な要素の1つとされる 最後に+1がついているので反論の確定数が一致しないよというのは正しいのです
4倍弱点がなく、多くのポケモンと組み合わせることができるのは非常にありがたいです これらは、防御・特防の高さを無視するため、HPのみで計算をする必要がある
また、特に意識すべき指数は太字にしてます 彼らは16n-1調整に、まるでダヴィンチのアートのような芸術性を感じとっている
75短くなります H235-B117-D130 HとBの差が小さくなったので、物理耐久が最大になるのは間違いない
11
このツールは特定の相手を想定して耐久調整をするツールではありません 攻撃性能の高いポケモンに持たせ、特殊アタッカーへの役割を遂行しやすくするのが主な使い方
(からげんき:140、じだんだ:150、ジャイロボール:150、たたりめ:130、でんげきくちばし:170、エラがみ:170、なげつける:130、はたきおとす:97. 算出された振り方が必ずしもそのポケモンにとって理想的 であるとは限りません HP207• 5倍相当 95 80 17000 20200 24650 29290 発動時は1. 努力値と性格補正の仕様を理解して、ライバルに差をつけていきましょう!• 44で割った数値が火力指数を上回っていれば確定耐えとなることが分かりました
【数学っぽい問題】 a,bをそれぞれ自然数とする 性格補正• 使用できるポケモンは限られるものの、無条件、常時適用の上、倍率は破格
6 484 900 506 1452 816 耐久指数が近いセイナパーティと羽川マーベルパーティは対照的な結果となりました わるだくみ2回なら50760
このジュラルドンの物理防御を最大にするにはどうすれば良いでしょうか 防御指数においては、前の型とちょっと違った計算方法になります
加えて防御側の能力値を T H実数値をHに置き換えると 0. 今までは耐久指数が9. また、無振り時の耐久力を求める計算式は以下の通り 補足事項• 火力指数とも言われ、値が大きければ大きいほど与えるダメージが強いということになります
技は特性を含めた状態で火力指数が最も高くなるものが選ばれます ネット上ではよく16n-1調整など何やら難しい用語と共に調整が並んでいるものの、それらには一体どういう意図があるのか、他にも努力値調整に役立つ知識があるのかどうか、そんな疑問を解決 火力指数と耐久指数を、ダメージ計算や努力値調整に応用していきます
努力値256を2つのステータスに振り分けた場合上昇するステータスの合計は33なので、HPの努力値による上昇幅をh、防御の上昇幅をbとすると、 上のように表せます (バッテリー、パワースポット)• 85になります
2 345 900 337 1035 388 LFセイナ 変身後 9. 実際、ドラミドロのりゅうせいぐん耐えは、表を作成して初めて知りました 始めの画像を見てもらえば分かる通り、ダメージ計算式はほとんど掛け算で構成されています
44 32