小早川 毅彦。 個人打撃

現在は、選手の考えや気持ちを踏まえ、広い視野に立てる新しい解説、評論に挑んでいる。 1987年には江川卓選手に引退を決意させたという2打席連続の本塁打を放ち、リーグ最多となる勝利打点16を記録する辺り、勝負強さが数字にも表れる選手だったことも分かります。 それでも、「また、2月になればキャンプがやってくる」と考えるだけで、新人王の余韻は吹き飛んだ。 現在は元スチュワーデスの方と再婚されており、その間にも子供を一人設けています。 翌97年、開幕の巨人戦(東京ドーム)。 元アナウンサーの赤間裕子さんが前妻だった過去があり、その方とのお子さんが一人います。 僕は中学から本格的に野球を始めたんで。 995 - - - - - - - - - - - - - - - - - - 34 1996 平成8 6 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 35 1997 平成9 7 101 754 52 2 66. 822 一 100 小早川 毅彦 31 1993 平成5 6 106 362 309 36 83 11 1 17 147 45 1 1 1 4 43 4 5 74 6 0 - 1. 278、42本塁打、340打点、68盗塁 中日では在籍5年間で52試合の出場のみ。
76
趣味: 美術館・水族館めぐり ゴルフ 映画鑑賞 犬の散歩 世界中食べ歩き• 写真=BBM. それでも、プロとしてまたグラウンドに立てることが嬉しかった」. 4度のリーグ優勝、2度の日本一、2度の球宴出場を果たす。 1984年ドラフト2位で広島に入団し、新人王獲得。 法政大学に進学し、1年春から4番1塁でデビュー。 西武の次期監督として見た時、他の候補と比べると少し弱い感があるのは否めません。 快速球が自慢の右腕だったが、右ヒジを痛めて球速が落ちていた。 その活躍が認められる形で新人王も獲得し、その頃から「赤ヘルの若大将」という名で呼ばれるようになりましたね! ミスター赤ヘルと呼ばれた山本浩二さんが引退した後は4番に定着。 301 61 12 1 3100万 1990年(29) 105. 805 一 102 外 3 小早川 毅彦 23 1985 昭和60 6 98 312 269 41 78 16 3 14 142 45 4 3 3 2 34 1 4 66 4 0 1 3. 903 一 76 二 21 三 3 外 1 小早川 毅彦 24 1986 昭和61 6 73 190 173 21 45 5 0 12 86 24 1 0 0 2 15 1 0 33 6 0 4 4. 登録名を本名の土谷鉄平から鉄平に変更し、移籍1年目に103試合出場で打率. 「若い頃にあれだけやったから、長くやれたと思う。 737 一 68 外 2 三 1 小早川 毅彦 30 1992 平成4 6 113 392 330 36 92 18 1 11 145 55 0 1 0 4 53 3 5 75 8 0 - 4. また、打撃コーチ時代の人望や評判についても触れておくと確かに成績は芳しくありませんでしたが、その観察眼は当時から健在であったはずです。 生まれ育った広島へ、プロ野球選手となって帰ることになった。
67