オザワ 繊工。 【悲報】中学生が殺虫剤を「火炎放射器」のように使い燃え移ったか…工場など約3400平方メートルの火災 児相へ通告へ

39
山口氏が続ける そのうち、15歳以下が8・2%、16~19歳が7・2%で未成年は15・4%を占める
そういったことが焦点になります」 一宮の火事でも、工場の社長は火災保険を請求するはずで、そうなると損保会社が子供の親に損害賠償を求めるかもしれない 時間帯的には、従業員が普段通りに勤務していたことは確かでしょう
一宮市光明寺の「オザワ繊工」で8月5日、工場と倉庫合わせておよそ3400平方メートルが燃えました 「可能性としては、あるでしょう
工場を全焼させた保険金をカバーする賠償金額となると、数千万円になるだろう 弁護士の山口宏氏が言う
けが人は、おらず、周辺の住宅などにも燃え移っていないということです 消防車23台が消火活動にあたりましたが、消火されたのは火災発生から9時間後
1位の事故では、親は安全運転について十分指導していたと訴えたが、裁判では認められず、高額賠償に結びついた 荷物を載せるためのものなので、危険な使い方なんてありません
一宮市光明寺の「オザワ繊工」で8月5日、工場と倉庫合わせておよそ3400平方メートルが燃えました 気ーつけんといかんな
倉庫を全焼させた 工場のパレットにできた蜂の巣を駆除しようと噴射した殺虫剤に火を付け火炎放射器のように使用したところ、工場に燃え広がったとみられ、調べに対し2人は行為を認めているということです
ましてや火が近づくこともないでしょう 個人賠償責任保険は、そんなリスクにも対応する
2019年は1万3094件 で、当時から「パレットから何で出火する?」てな事が言われてたんやけど、この火事の原因は. 社名 オザワ繊工株式会社 代表者 小澤 俊夫 本社所在地 〒491-0132 愛知県一宮市大毛字中新開8番地 TEL. 小学4年の男子2人がお化け屋敷と呼ばれていた倉庫に侵入して失火