リゼロ パンドラ。 【リゼロ】2期43話の感想!虚飾の魔女パンドラ登場!その能力とは?

Re:ゼロから始める異世界生活 とは 「Re:ゼロから始める異世界生活」とは長月達平先生によるライトノベルが原作で、イラストは大塚真一郎先生が担当しています 権能の力でレグルスを「いなかった」ことにする 『怠惰』の魔女因子を取り込んだジュースに対して、「強欲の大罪司教」レグルスが感情的になって制圧を試みようとすると、パンドラがレグルスを「 ここにいなかった」ことにします
それを止めるのがエミリアとスバルになると思われるので パンドラの目的が「世界の滅亡」であるならばラスボスになる可能性は高いです! パンドラ様は人の心がわからない 彼女は自身の手が武器によって切れようがお構いなしでした
パンドラさえ大征伐の際に出現していなければ、 テレシアによって白鯨は討たれていたことでしょう その理由はかつて聖域にヘクトールが襲撃してきたときに、ロズワールは彼にボコボコにされました
パンドラの目的は「嫉妬の魔女再臨による世界終焉」だと考えられますが、封印の扉は自分では開けられないため、「嫉妬の魔女因子」を求めるスバルを利用して、 エミリアに「封印の扉」を開かせようとしているのではと考えられます リゼロ見た人には是非見てほしい! - 697 ビュー• ・5章で演説をして英雄としての道を歩み出したスバルへ敵愾心を向けている
エキドナはエミリアと大きく関係していますが、今回最大の謎である 「封印の扉」には、エキドナとロズワールも大きく関係してきます ただ虚飾は7つの大罪となる前の枢要罪というものがあり、これは8つの罪がありその一つが「虚飾」とされておりましたが、その後 7つの大罪になった際に「虚飾」は「傲慢」の一部とされました
83
色欲の魔女因子に適合したカーミラは「天上の美姫」と言われるほどの美貌を持った持ち主とされていました。 魔女教の中では禁忌の存在として扱われており、口に出すことすらはばかられている様子です。 そのため、白鯨の移動範囲は事前に定められている可能性があり、メイザース領にむけて走っていたスバル達が、ギリギリのところで 白鯨の移動範囲から逃れることができたという可能性があります。 レグルスは目の前から姿を消してレグルスト戦い負傷していたジュースの傷が治ります。 これはつまり、 サテラでもパンドラは滅ぼすことが出来なかった、つまり サテラの力よりもパンドラの方が強いということなのでは? さらにリゼロ最強の 「ラインハルト・ヴァン・アストレア」でさえも、虚飾の権能をうまく使えば攻略されてしまうのではと思ってしまいます。 また、ジュースがフォルトナを攻撃してしまったのは、フォルトナがパンドラに見えるようにしたためだと考えられます。 ジュースも照れていましたが、全力で否定していました。 という事で元ネタの7つの大罪から考えるとパンドラは傲慢と関係があると思われます。
8