フィリップス hue。 スマート照明の定番、フィリップス「Hue」マスター術:山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」(3/5 ページ)

そんなわけで今回は、「 Hueの口金のサイズ」について見ていきましょう。

同社が世界最大のシェアを誇るという照明製品の中でもひときわ最先端をゆく、スマホで操作できるスマートLED照明だ まばゆいばかりの色でホームシアターをグンと盛り上げたいという人にとって、Hue「Sync Box」と「Play Gradient」は検討する価値アリです
しかし、照明器具メーカーや住宅メーカーはそんな未来を実現しようとしています 同種のデータは今後発表されるボストン大学の科学論文の主題にもなっています
第4世代のバージョンでは、整理され操作しやすくなりました 手順1:電球を設置 こちらはわざわざ解説するようなことでもありませんが、まずは電球を設置する必要があります
ただし色付きの照明が好きな人や、テレビに映るものに合わせてテレビの後ろで踊るように変わる色が体験できるというアイデアにワクワクするという人は、このライトストリップによって自宅でのテレビ時間がちょっぴり特別なことになること間違いなし ゼロから始めるなら「Play Gradient」を検討する価値あり Hueライトで構成したDIYのセットアップ(約200ドル=約2万900円)と比べると「Play Gradient」はインストールと構成がかなり簡単になるだけでなく、コストもそれほど高くなりません(むしろ安くなる可能性も)
ブリッジ購入分のコスト(¥6,400)がかかる• Philips Hue モーションセンサー• 単体で購入するほかに、 としてHueライトや他のアクセサリと一緒に購入することも可能で、セットで買う方が安く購入できます これは暖色系でオレンジっぽく温かみのある光の色になっています
40

以前のバージョンでもそういった設定は可能でしたが、今回のバージョンアップにより、何ができるのか自分で考えてオートメーションの設定をしていくのではなく、アプリに聞かれたことに答えていくだけで簡単に設定できるようになりました。

同社はまだ正式な発表をしていませんが、新モデルは今月中に発売される予定で、価格は電球1個あたり約24. そんな中、「 Hueの口金の大きさは?」と気になっている方もいると思います。

そしてこれが、実際にルーターへ接続した時の写真です。

このように、Hueの電球には E26口金と、E17口金の2タイプが販売されているので、お使いの環境にあった方を選択しましょう。

deからのレポートによるもので、フィリップスは1600ルーメンの新しいHueライトを準備している可能性があることを発見しました。

価格は、「フルカラー」、「ホワイトグラデーション」、「ホワイト」の順に高くなっています。

iOSやAndroidのアプリストアで検索すると、公式アプリの他にサードパーティ製のアプリが多く出てくるのはそのせいです。

HueのE26の「フルカラー」では、さまざまな色が楽しめていいのですが、実際のところ 日常生活で使うのは白色と電球色になるためです。

アドオンアクセサリにしては結構洗練された印象なのがうれしいところ。

そんな中、フィリップスがHueの新ラインナップを準備している可能性があるとすれば、興味を持つ方もいるかもしれません。

39