給与 所得 と 年金 所得 の 双方 を 有する 者 に対する 所得 金額 調整 控除。 【2020年度税制改正】所得金額調整控除ー年金と給与両方の所得があるケースー

このように、年末調整には影響がある改正ですので、これに携わる方は、チェックしておく必要があるでしょう。

給与所得控除金額は給与の収入額によって変動し、収入が多いと控除額は増えますが、控除率は下がる仕組みです。

その年分の 給与所得控除後の給与等の金額と 公的年金等に係る雑所得の金額が ある給与所得者で、 その合計額が10万円を超える者• (控除額が減ると、税額が増え、反対に、控除額が増えると、税額が減ります) そこで、この控除額の振替による税の負担が生じないようにするため、10万円を上限に給与所得から控除するこの制度が設けられました。

平成30年度税制改正により、給与所得控除及び基礎控除などの見直しが行われましたが、これにあわせて「 所得金額調整控除」が創設されました(令和2年分以後の所得税について適用)。

給与所得控除と所得控除は違う! そのため、このままだと負担が増えることになるため、負担増への一定の配慮のために、所得金額調整控除が設けられた形です。

95
従たる給与については年末調整をすることはできないため、納税者本人が確定申告をする必要があります 公的年金等以外の合計所得金額が 1000万円以下の場合は一律10万の引き下げ、 1000万超2000万以下の場合は一律20万の引き下げ、 2000万超の場合は一律30万の引き下げと、 高額所得者については控除が大きく減額された
)が措置されました また、公的年金等控除額を計算する際の 「公的年金等に係る雑所得以外の合計所得金額」ですが、 子ども・特別障害者等がいない場合、その合計所得金額の判定は 所得金額調整控除前の金額を使います
年末調整においてこの控除の適用を受けようとする給与所得者は、その年最後に給与等の支払を受ける日の前日までに、給与の支払者に所得金額調整控除申告書を提出する必要があります イ 本人が特別障害者に該当する者• たとえば、その趣旨について、次のような問が掲載されています
確定申告は給与所得および退職所得以外に20万円を超える所得がある場合に必要で、従たる給与が年20万円以下の場合は原則必要ありません これの影響で、「給与所得と年金所得の両方が生じている人」については税負担が増える可能性が生じます
また申告する給与所得者本人にとっても1年分の領収書を保管し申告作業をすることは大変な労力がかかり、人によっては正確に経費を申告するのは困難です めんどくさいので早く終わらせてしまおうと
77