ケータイ 小説。 ケータイ小説の書式が読みやすさと印象形成に及ぼす影響 <論文>

創業初期にはまだまだ刊行点数が少なく、とくにヒット作が少なかったがために書き手も編集者も「こういうものが当たる」という経験則(や思い込み)が希薄で、それゆえに質的に多様な作品が集まり、かつ、刊行点数が少なかったために個々の作品がそれなりに目立ちやすかったことが背景だろう の対応のを入手したとき、「これはテレビを越えるものになる」と衝撃を受ける
松島:自分たちでも驚いています(笑) 多くのケータイ小説家は同様にはじめは小説を書くというより自分の体験を日記に書き留めていくような感覚で執筆したと述べている
作品 [ ]• Deep Love Again(画:久嘉めいら、連載:コミックDAYS 2018年9月9日 - 現在、出版:講談社 既刊2巻) 映像化作品 [ ] 映画 [ ]• ハードカバー版の各書籍は通信販売で、3部合計で10万部を出荷した 同じレーベルの作品でも細かい趣味嗜好に合わせて表紙イラストのテイストが違う 松島:これもおもしろくて、『はちみつ色の太陽』のような少女マンガ的な表紙イラストと、ボカロ系のイラストレーターさんに描いてもらった作品と、うちで「顔なし」と呼んでいる、読者にキャラクターの表情を想像してもらうためにあえて顔が入っていないイラストを使ったものの3種類を同じ発売日に出したんですね
PDF プレスリリース , , 2005年9月29日 , 倖田來未' 2011年11月15日閲覧 余談ですが、先日久しぶりに昔大好きだったケータイ小説家のサイトに出向いたら、つい数か月前に日記が更新されていて、数年ぶりにHPに来たら仕様が大分変わっていたこと、いまは結婚して子どもが2人いること、小説執筆していたころは大学生だったことなどが書かれていて、時の流れをめちゃくちゃに感じました
2009年に『』がプレーヤーの行動によってストーリーが分岐し、原作にはないエピソードなども用意されるを配信、2010年に『ワイルドビースト』が原作者の書き下ろしストーリーで登場人物のひとりとの恋愛シミュレーションゲームを配信(ネイティブアプリ) 宇野常寛は、ライトノベルがキャラクターを前面に押し出しているのに対し、ケータイ小説はプロットの純度を高めたものだと対比している
ひとつはもちろん、書店さんをはじめとする出版業界の方 たしかにかつてのように100万部、200万部クラスの作品はなくなった
また『恋空』は化作品もヒットした そこに気づいてくれた、TLに食傷気味だった書き手や読者が、より一層ドキドキする恋愛を求めてくださったのかもしれません
- 『』『』• パソコン通信のブームが去った後は、ネット上のにその舞台が移った 本田透は、リアル系ケータイ小説でしばしば題材として描かれる()・レイプ・妊娠・薬物・不治の病(や)・・真実の愛の7つを「ケータイ小説七つの大罪」と呼んでいる
レオと名づけていた 小池未樹はブームが去って以降は切ない実話タイプでは全く受けず、魔法のiらんどやに『恋空』、『赤い糸』のような作品は皆無でヒロインが男を乗り換えたりレイプや流産、最愛の相手との死別のような波乱万丈ストーリーがアピールされることはまずなく、溺愛されて悲惨な実話と謳わず非現実的な上に激甘なフィクションの方がずっと受けているが 、七つの大罪と呼ばれた要素が消えたわけではなく甘さや幸福も確保しつつ虐待や売春、重いいじめなどエグさを詰め込んでいる作品は多く、薬物や不治の病はあまりにも未来に禍根を残し過ぎる溺愛を妨げるため排除され、死などの本格的な悲劇はなくなるも大罪は残ったとしている
62
松島:ケータイ上では改行が多いものも、書籍化するさいには詰めて本として読みやすくしています。 ウェブ小説がラノベの供給源のひとつであるとみなされるようになるのは、ここからさらに数年を要する。 続いては、当時のケータイ小説で書かれていた あるあるシチュを続けてご紹介。 このような書式の特徴は, 携帯電話のディスプレイで文章を読みやすくするために経験的に編み出されたと言われている。 手始めに、『Deep Love』各部の1章に相当する内容だけをzavnサイトに掲載し、残りを有償化した。 中国では『城外』という作品が同国初の連載小説として知られる。 を参照。 作風の変化は野いちごのように子供も読むことを考えてストーリー上不必要な性描写を禁止していることやは若者の性行動への関心が減退、親などへの反抗心も薄らぎ若年層のクリーン化で性、暴力描写がソフトになったと指摘、好まれる男性像が2015-2016年頃から強引な俺様系からクールや無気力系のようだがヒロインには一途なタイプに変化、ヒロインを大切にしないと読者にうけなくなっている。 「ガラケー時代」から女性向け小説投稿サイト人気を牽引してきた最大手、スターツ出版の事例を手がかりに、ライターの飯田一史氏が2回にわたって解説する。

この先が楽しみな作家さんです。

そして、ケータイ小説のヒットの背景として、からにかけての書店の(出版業界におけるのいう「」)があるとしている。

に『Deep Love完全版 アユの物語』を出版。

特に意味はないけどなんかやってみたくなって私もやってました。

15分しか記憶が持たない女性が主人公。

書籍化の際の惹句は「アクセス数360万突破! オリジナル恋愛ファンタジー小説サイト『小部屋の小窓』の人気ナンバー1小説」。

話題性から1冊は購入してみたものの、それ以上何冊も買って読むには至らず、リピーターを生むような引き付け方が出来なかった。

47