アシレーヌ エースバーン。 【S7使用構築】最終24位/rate2096

自分と味方1体の位置を交代する。
パッチラゴンとゴリランダーさえいなければかなり一貫していたように思います。 アシレーヌに引き、炎技、格闘技を受けます。 第七世代で主流だった型はダイマックス時にがにならずになる問題点があったので、を採用した個体も多い。 技は確定欄に記載したものとします。 鉄壁を積みにきたやで強引に突破しにくるゴリランダーを逆に起点にできたことも使っていてかなり好印象でした。
基本的に相手の行動はスカーフ逆鱗 流石に一度もなかった かフェアリー引きかカバ引きしかなく、一番展開が良くなるからです 他のエースバーンと比べて、ックスしないときにより強さが光るだと思う
裏のの補助にもなります 【選出パターン】 基本選出は決めてないがエースバーンかドラパルトで全抜き、またはで詰めるために、どんな対面、展開を作るべきか考えて選出していた
選出率3位 ただ、選出率は最下位
理想は素で技を押さないことで、不利じゃない構築にはそれで十分勝ちが見込めますが、不利な構築ほど素で技を押さざるを得ないので、安定はしませんでした ゴリランダーのドラムアタックでSを削いだ相手を悪巧みの起点や、ダイジェットの踏み台にして荒らすのが主な役割
エースバーンの初手ックスに対し、オボンの実を持たせて守るを採用すれば3ターン使わせることができますが、ダイサンダー持ちの個体が無視できない数存在したので、チョッキで使っていました 62勝33敗、勝率65%、最終799位、最終レート1900でした
アッキの実のおかげでかなり安定してエースバーンやパッチラゴンのDMをいなせた 特に相手のックスが残った状態で、鉄壁積んでないがエースバーンと対面してしまった試合は結構負けてました
命中不安ですが、うたかたのアリアより1. ・単体で起点にできる はらだいこが無ければ上からコスモパワーを積んで起点にできる 出したタイミングなどにも影響します
83 67