アカギ 鷲巣 麻雀 完結 編。 mk-news.co.uk: アカギ 鷲巣麻雀完結編 [DVD] : 本郷奏多, 津川雅彦: DVD

が、そのアガリ牌をアカギが抱え、直後鷲巣は北をツモ 寧ろこの流れなら鷲巣からならいくらでも搾り取れるとまで言います
2人で鳴きを使って鷲巣までツモを回しません 今までリスクを侵して連荘を続けたのはこのためでした
当然の如く聴牌しあとはツモるのみ…… アカギを殺すためにはツモりたい、絶対にツモる、そう思っていましたが、 味方の黒服にあがり牌がいきます あり得ない豪運
とにかく振り込まぬことだけを考え手を進める その後、鷲巣は次巡にアガリ牌の白を引いてしまいます
この時点で鷲巣は現金の支払いが出来ず、鷲巣は自分の血液を賭けて勝負に挑むことになります しかし、3回戦の東二局で鷲巣のリャンソウ暗刻がカンドラによって、最終的にはドラ12という化物に昇華
「超大先輩である津川さんの頭を足で踏みつけるシーンがあるのですが、役者人生で一番緊張したシーンかもしれません」 赤木と鷲巣の関係性についてですが、本郷さんはどういったところが魅力的だとお感じになりますか? 「口にはあまり出さずとも、お互いがお互いの持つ力をそれぞれ認め合って戦っているところが魅力的です」 C 福本伸行/竹書房/スカパー! 鷲巣を演じられている津川さんに関して、印象に残っているエピソードがありましたら教えてください ここまでは鷲巣もそれほどの不安は感じていませんでした
それは自分は 本当の鷲巣の強さをまだ見ていないのではないか?同類と考えていたからこそ命が尽きるまで勝負をしてくれないのか?そう考えていました だから致死量の血液を抜かれても生き残ることができ、勝負は再開されることになりましたが、勝負前に500も輸血するとなると体の方も普通の状態ではなかったはずです
99
当初はアカギが不利の状況だったのにも関わらず、ここまで持ち込みます。 金さえあれば補充も可能なのに、それをせず 最後まで血液を抜かせることを条件に戦うことも約束します。 当時、中学生だったアカギでしたが突然入った部屋の殺伐とした空気のなか、全く知らない麻雀を南郷の代打ちとして行うことになります。 しかし、それでもアカギは死なずに復活……!フラフラしながらも生きている感覚に満ちたアカギは南三局へと進みます。 しかしアカギは 渾身のブラフでその時点では聴牌していませんでした。 しかし、3回戦の東二局で鷲巣のリャンソウ暗刻がカンドラによって、最終的にはドラ12という化物に昇華。 そして3萬単騎になり差し込んでもらったのですが……アカギがその 差し込みに合わせてロン!正に場の状況をしっかりと読んで打ち取った形となりました。 すっかり憔悴しきってしまった鷲巣は続行を選択しないかに思えましたが、アカギがこれまで失った血液を全て破棄するという条件を追加したため勝負は続行。 これでは約束の半荘6回を終えることは誰もが無理だと予想していました。
70