トヨタ リコール 検索。 リコール・改善対策・サービスキャンペーン 対象車両検索

そのため、アイドリングストップ後、再始動できなくなるおそれがある その場合は下6桁を右の欄に入力してください
本来であれば、速やかに修理をさせていただくところでございますが、部品の準備に時間を要しております 自身の所有する車が対象車両かどうかは、で確認できます
検索を実行しますと、まず、検索条件に該当する結果が一覧表で表示されます 走行装置• 自身の所有する車が対象車両かどうかは、で確認することができます
) また、リコール対象車であり、「リコールの改修作業が済んでいない」又は「自動車検査証の住所に、自動車メーカーからのリコール通知が届かない」方には、自動車検査証の交付時にお知らせをお渡ししています 注意すべきはこれらの 製作期間は購入した時期と一致しないということ
今回対象車種に含まれるノア・ヴォクシー・エスクァイアのリコール情報に関してはで解説しています 車台番号( 半角英数字• なお、修理の準備が整い次第あらためてご案内させていただきますので、よろしくお願い申し上げます
部品の供給が出来るまで今しばらくご猶予をいただきたくご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます 自動車検査証 車検証 に記載されている車台番号と照合して、その書式が相違している場合は、車体等に取り付けられているプレートなどのシリアル番号と照合して下さい
対象となるのは、2017年12月13日~2021年6月11日に製造された5万0983台 フレームナンバーのカバーがあるので外す• 詳細はをご覧ください
修理代などは無料で、費用などは発生しません 車台番号 Frame Number - 入力例 Input example : ABC123 - 1234567 尚、架装しているお車は、「-(ハイフン)」が入っていない場合があります
リコール対象車の車台番号の範囲には、生産工場やグレードの違い等によって対象とならない車両も含まれている場合がありますので、個別の車両の確認は下記リンク先の各メーカー検索ページ等でご確認いだきますようお願いいたします 改善措置として、全車両、エンジン制御用コンピュータおよびアイドリングストップコンピュータのプログラムを対策仕様に修正するとともに、一部車両に対しては、バッテリ断熱カバーを対策品に交換
51
車台番号 Frame Number - 入力例 Input example : ABC123 - 1234567 尚、架装しているお車は、「-(ハイフン)」が入っていない場合があります リ外-400-0・・・・リコール 外車-届出番号• 不具合発生箇所と改善方法 不具合発生箇所 低圧燃料ポンプのインペラ 改善方法 低圧燃料ポンプを交換する トヨタの公式ホームページでは、問題がある箇所と対応方法を以下の図で公表しています
本来であれば、速やかに修理をさせていただくところでございますが、部品の準備に時間を要しております 一方で年式は、「初度登録(検査)年月」という項目がそれに該当します
そのため、ポンプ溶接部に応力が集中して、亀裂が発生し燃料漏れに至るおそれがある 燃料装置• フォークリフト及びサービス補償部品のリコールに関しては表示されませんのでリコール/改善対策一覧よりご確認ください
これらの対応は2020年10月29日より随時行われるとのこと 詳細につきましては、レクサスHPのでご確認いただけます
リコール等情報対象車両検索 お客様のご愛用車がリコール等情報の対象車両かどうかをご確認いただけます 車体の刻印で確認する• 《纐纈敏也@DAYS》. 改国-100-1・・・・改善対策 国産-届出番号• リコール・改善対策・サービスキャンペーン対象車の検索 お客さまのお車が「リコール・改善対策・サービスキャンペーンの対象車両に該当するか検索いたします
車枠・車体• 不具合は22発生、事故は起きていない 自身の所有する車が対象車両かどうかは、で確認できます
99
現在の不具合件数は1件で、事故は発生していないと伝えられています。 なお、「届出番号」の欄に表示される文字は次の意味を持っています。 対象車両は、高圧燃料ポンプにおいて、燃料圧力に対する構成部品の耐圧性能が不足しているため、使用過程でポンプ内部が摩耗や損傷するものがある。 乗車装置• 電動機 モーター• 仮に所有する車がこの期間中に生産されていた場合、下の型式や車台番号なども参照してください。 。 トヨタ自動車は6月1日、トヨタ『ノア』などハイブリッド車10車種について、一時的なパワー低下が発生するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。 自分の車がリコール対象だった場合、最寄りの取り扱い販売店へ来店日時を予約し、点検・修理を受ける必要があるとのこと。 該当車種は2017年7月から2019年12月までに生産された、ノア、ヴォクシー、エスクァイア、アルファード、ベルファイア、クラウン、ハイエース、レジアスエース、カムリ、ランドクルーザー・プラド、ハリアー、ランドクルーザー、センチュリー、レクサスRX300、RX450h、RX450hL、NX、ES300h、IS200t、IS300、IS350、IS300h、LS500、LS500h、LC500、LC500h、GS200t、GS300、GS350、GS300h、GS450h、LX570、RC200t、RC300、RC350、RC300h、トヨタ救急車、クラウン・パトロールカー、ダイハツのアルティスという合計39車種で、合計21万363台となります。 保安灯火• その場合は下6桁を右の欄に入力してください。
25