東京 都 自粛 要請 業種。 東京都、休業要請の対象は? 4月11日からの休業求める(リスト一覧)

小池知事「都としても国と危機意識を共有」 東京都の小池知事は8日夜、臨時の記者会見を開きました。 デリヘルは女性従業員がラブホテルや男性客の自宅などに赴き、性的サービスをする無店舗型性風俗業。 ただ、東京都の 緊急事態宣言措置(案)では 理美容関係業を休止休業要請の指定枠に入れていたため4月7日(火)夜の会見で、これから政府と再度慎重に休止休業施設を協議し直すとして、結果を4月10(金)に改めて発表する予定となっています。 この美容室では、経営者と客などあわせて5人が感染したことになり、県は、クラスターが発生したおそれがあるとみて、濃厚接触者の特定を進めている。 首相は当初、経済的な打撃への懸念から宣言に慎重だったが、東京都などの医療体制が逼迫(ひっぱく)してきたことから、発令は不可避と判断した。 博物館、美術館、図書館に加えてホテルの宴会場や展示場での催し物の開催も停止を要請する。 もう1点、指示・要請が認められる要件として、「1000平方メートルを超える床面積」という項目がある。 夜間の繁華街の滞留人口も増加傾向にあり、午後8時を過ぎたハイリスクの時間帯を含めて依然として高い水準での推移となっている。
54
色々と増えているようですが、ポポンに関係するものとは? 「ホットヨガやヨガスタジオ」 こうゆう判断って難しいですよね? ポポンのスタジオは「ヨガ」に特化している訳ではありません。 人の流れの抑制や基本的な感染防止対策の徹底に向けて、実効性のある一層強力な措置を講じていく」と述べました。 また、飲食店への協力金は、今の「まん延防止等重点措置」と同様に、規模や売上高などに応じて店舗ごとに1日あたり4万円から最大20万円を支給する方向で調整しています。 食事提供施設には、営業時間を朝5時から夜8時までとすること、酒類の提供は夜7時までとすることなども要請された。 東京都は13日夜、公式ホームページを更新し、新型コロナウイルス感染拡大防止の緊急事態措置で都が休業要請する施設・業種として初めて、派遣型性風俗店の通称「デリヘル」(デリバリーヘルス)を明記した。 全国知事会は、休業要請と補償は「セットである」との考えで、国に実効性のある対策を講じるよう求めるをまとめている。 また、学校にも休校を要請したほか、イベントは開催の停止を要請しました。 その他、 質屋・ キャバレー・ 個室ビデオ店・ ネットカフェ・ 漫画喫茶・ 場外車券売り場も要請されるそうです。 また、大型商業施設は、床面積の合計が1000平方メートルを超える場合、生活必需品を販売するエリアを除いて休業するよう協力を求めます。
83

こうした案について、都は詰めの協議を急いでいます。

ポポン「自粛要請が出てますが、東京都産業労働局のHPを見ると支援金支給額は別途お知らせしますとなってます。

また、都民に対しても外出を控えるよう要請が行われ、1回目の緊急事態宣言では、「徹底した外出自粛」を求めました。

ヨガに特化すたスタジオのほうが珍しいんじゃないかと・・ おそらくどこもそんな感じではないでしょうか? 色々と不明点も多いので電話で確認しました。

こうした疑問に答えるべく、都は13日、休業要請の対象となる具体的な業種・施設の一覧を都のウェブページで公開した。

13