アイアム レジェンド。 「ラストが納得出来ない。」アイ・アム・レジェンド

劇場公開版の衝撃的なラストとは異なり、インパクトこそないものの映画としてのクオリティは高くなっていて観た人も納得のいくラストと言えます。

オカルトそのものが好きなのか、一連の現象に興味を持っており、新聞記事をスクラップしていた。

Re: ラストが納得出来ない。

必死に他の生存者を捜すネビルだったが、生存していたのはヒトではなかった。

ゾンビ?も生きている訳だし、その為にはたった一人しかいない人間をあそこまで大勢で襲ったところで、空腹を満たす事は出来ないだろうに。

94
だからスーパーとか行っても肉はない それから3年が経った2012年
ネビルは捨て身で手榴弾を抱え、ダーク・シーカーからアナと血清を守ります プロダクションデザイン:ナオミ・ショーハン• 私ももちろん泣きました
蝶のメッセージが示すもの その他、定額制動画配信サイトで配信されている場合もある
関連記事リンク(外部サイト). 次ページ:別エンディングが意味するものとは?. [PR] 前作の『アイ・アム・レジェンド』は、 2012年、全世界を覆った厄病により人類が死滅してしまった地球でたった1人、生き残った有能な科学者ロバート・ネビルが究極の孤独と異形の者となったヴァンパイアたちと闘いながら愛犬サムとともに、ほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続け、人類再生の道を探るというストーリーで、そのラストシーンでは、やっと見つけた血液抗体をもう2人の生存者たちに託し、ヴァンパイアと相討ちになる・・・というものだった まず感染してゾンビになった人達にも多少の知性があり、感情もあります
また、「新人類」である彼女の夫は過去に主人公により殺害されていた 主演はウィル・スミスで、癌の特効薬と思われた新薬によって、たった3年で人類が滅び、生き残った男の物語です
主人公以外に生き残っていた人間の女性 個人的な意見ですが、自爆エンドについては、最後はワクチンを開発し終わり、自分の役目を果たした主人公は、他に手がなかったからというより、愛犬も含む家族全てを失ってしまったので、家族のもとへ行く道を選んだのかと思います
血清の効果を知ったものの、敵のボスキャラの執拗な攻撃に最後は苦渋の決断で血清をアナに託してネビルは残念な結末を迎える 、日米同時公開された
それは実験していた女性のダークシーカーの症状が緩和し、より人間に近い状態に戻っていたのだ 毎日AMラジオ全周波数で他の生存者に呼びかけているものの、いまだ誰からも返事はない
jpg ここからは、2つの結末をネタバレしていきます このダークシーカーの存在をどう捉えていくか…でまた答えが変わってくるのかな、と感じます
66 71