コロナ bcg。 コロナにBCGは「有効」なのか?東北大・大隅教授が緊急解説

25rem and -ms-high-contrast:active ,only screen and min-width:61. 山口はこの研究によって、BCG接種の新型コロナウイルスへの免疫効果の「蓋然性の高さ」の論証を試みたものである。

従来のワクチンは生のウイルスを培養して弱毒化させて接種することで抗体を確保するが、ワクチンにたどり着くまでに技術面ばかりでなく、経費と時間がかかる 右画像のように、接種後10日以内(多くは3日以内)に、赤くなったり、硬くなったり、腫れてきたり、膿んだような状態になってしまいます
上記は全て、「結核既感染 vs. 宮坂先生の解説に耳を傾けてみましょう そしてBCGが幅広い感染症から患者を保護できるか確認するために、1年間の追跡調査を実施しました」 この研究は新型コロナウイルスによるパンデミック以前に開始されたものだが、COVID-19におけるBCGワクチンの重要性をいち早く伝えるため、この論文は経過報告を発表したものとなっている
しかし、国境を接しているポルトガル(死者345人)とスペイン(1万4,045人)で死者数に桁違いの差があり、同様にアイルランド(210人)とイギリス(6,159人)、ノルウェー(89人)とスウェ-デン(591人)、ポーランド(129人)とドイツ(2,016人)のように、隣接しているため地政学的な相違が認められない国家間で、失われる命の数に大きな差があることは事実なのである そのブログ開設者・JSato氏は「BCGの接種が行われている国では感染の広がりが遅い」と指摘する
・逆に結核の少なかった国々は主に欧米であり、BCGはこれまで未実施(C)か中断(B)されており、かつ未実施国と中断国でのコロナ被害の差は不明瞭です 宮坂氏「まず スライド1をご覧ください
欧米諸国の肥満率の高さなど健康水準のちがいが指摘されていますが、それだけでは説明できません それはまた、感染症と対峙しながらも、社会経済活動とのバランスを維持し、失業や貧困を防ぎ、人と人の繋がりを保っていく「ポスト・コロナ」のあり方を考える時にも不可欠です

世界で年1040万人が結核になり、140万人が死亡。

1921年にフランスにて世界で初めてBCGが使われ、効果が証明されました。

そもそも30〜40代という重症化リスクの低い集団同士を比較したものですので、3000人で差がなくてもBCGに効果がないとは言い切れないところかと思います。

また、欧州では多くの国が1970年代以降、BCGの接種を中止していたのです。

他に、喘息や寄生虫などにも有効と唱えている研究者もいるようだ。

<研究背景> コロナによる世界的流行(パンデミック)において、未解明の問題として著しい国・地域差があります。

BCGワクチンを接種していない国では、新型コロナウイルスによる死亡率が高いという傾向が見えてきた(写真はイメージです) Photo:PIXTA 世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス。

3 ウイルス変異への対応 次々と変異するコロナウイルスは、あまりに短期間にパンデミックとなったことから、その対応が局地的に分化していって、根は同じなのに異なる性質のコロナ災禍を引き起こす事態になるのではないか。

12