嵐 カイト。 嵐|ニューシングル『カイト』7月29日発売|米津玄師作詞・作曲

なお、米津がジャニーズへ楽曲を提供するのは今回が初めてとなる 8月10日付週間シングルランキングで、初登場1位を獲得した
嵐は「NHK東京2020オリンピック・パラリンピック放送スペシャルナビゲーター」に就任している 紅白歌合戦で放送された制作ドキュメントでは、嵐の5人が「そして帰ろう」という箇所にすごく共感し、特に相葉雅紀がツアー中の酒席で「この言葉に救われる」と言っていたことも語られていた
*初回限定盤 DVD・Blu-ray は全て共通の収録内容・ビジュアルとなります 相葉雅紀 嵐 この度、僕たち嵐がNHK2020ソングを歌わせていただく事になりました
2020年12月31日をもって、活動を一旦休止した嵐 「カイト」もNHKでは数多くのタイミングで流されることになるはずで、グループを代表する楽曲となっていく可能性は十分ある
米津さんが作って下さったこの曲は、頑張っている人が救われるような優しさにあふれていて、歌っていてとても感動しました 初動売上は前作を大幅に上回る91. 実際、嵐のメンバーの中には金星神の使いとしての人間(櫻井翔)もいて、この歌詞は櫻井翔の本質を見事に表現しています(櫻井翔が何故金星神の使いと言えるのかは別で書きます)
更に今回はパッケージのジャケットに、メンバーの大野智による描き下ろしの絵画を使用 *収録内容・商品仕様は予告なく変更する場合があります
アニメーションは、「つみきのいえ」で第81回アカデミー賞短編アニメーション賞を受賞した加藤久仁生さん 前出の関係者は「これでお互いが引くに引けない状況になった
つまり、金星神がどのように世を見つめているのかを知るということを、金星から何が見えるのかを知るという構造と重ねています 「風が吹けば 歌が流れる 口ずさもう 彼方へ向けて」 「君の夢よ 叶えと願う 溢れ出す ラル ラリ ラ」 「風」という存在は「気」を運ぶ存在であり、そういった「気」に触れることはその「気」の精神性が自分の中に起こるということです
また、「風」という存在自体はそもそも「気」を運ぶ存在でもあり、嵐が『カイト』を歌う構造は非常に見事な構造を持っています さらに、直後の4月~5月の放送では番組3回目の参加となるが制作したの映像が放送された
【通常盤】は"カイト"に加えて、昨年11月に天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典において奉祝曲として披露した"Journey to Harmony"を含む、カップリングを3曲収録! 初回限定盤 Blu-ray. どうか広く行き届きますように しかし、こういった日本語の意味や「心」や「気」の本質を見失っている時代においては、その「縁」のことも見失われます
89

オリンピック関連の番組で使われまくることが決まっているわけで、それを嵐が歌うわけで。

「憧れた未来は 一番星の側に」 「そこから何が見えるのか ずっと知りたかった」 本来の占星術の意味とも重なりますが、古代ギリシャ世界やマヤ文明で考えられるように、星は神です。

【 アニメーション/加藤久仁生さんより 】 「カイト」の歌詞には風が出てきて、風が一つのモチーフになっています。

*収録内容・商品仕様は予告なく変更する場合があります。

このプロジェクトの中で、 国民的アイドル「 嵐」と、日本の音楽界を席巻するクリエイター「 米津玄師」のコラボが実現しました。

この「カイト」は、そういう自分自身の思いだけが主人公を駆り立て、夢に向かわせ、挑戦に奮い立たせる、という歌になっている。

嵐が米津に勝利したが、かなりシ烈なバトルが繰り広げられた。

なので、「嵐が歌うNHK2020ソング」という時点で「わかりやすく大きな応援ソング」となることが周囲から当然期待されるわけで。

「NHK2020ソング」と位置づけられた「カイト」。

16