妄想 性 人格 障害。 妄想性障害(パラノイア)とはどういう病気なのか

妄想性パーソナリティ障害の人の症状(というより考え方や行動) 妄想性パーソナリティ障害(妄想性人格障害)は、病気というより考え方に問題のある人格「障害」ですので、「症状」という表現はあまり適切ではありません。 『他人の幸福や成功』に対する嫉妬感情が異常に強いので、拗ねたりいじけたりする否定的な態度を取ることが多く、自分の将来に対しても悲観的なので他人と良好な人間関係を取り結ぶモチベーションも低くなっています。 そもそも精神科医や臨床心理士のことを、信用できることもないでしょう。 精神医学史の歴史の中では、20世紀初頭にが、 『理不尽な猜疑心』と 『広範な領域における妄想』を中心症状とする妄想性人格障害の問題に言及しています。 トラブル続きの場合は、自分の思考の合理性を疑ってみると、思わぬ気付きが得られるかもしれません。 そのことが、なんとももどかしく感じてしまいます。 そういうわけで、こちらではご紹介できません。 また、妄想性パーソナリティ障害の人は、他者の弱みや欠点を見つけ出すと、それを指摘せずにはいられません。
81