ブルー リボン 賞 2021。 近鉄「ひのとり」受賞、鉄道友の会ブルーリボン賞・ローレル賞決定

ダー子はこれからも人をだまし続ける。

同社初の「プレミアムグリーン車」が設定されたほか、同社の特急車両として初めて次世代車両制御システム「INTEROS」が搭載されている。

「コンフィデンスマンJP」は来年も新作が公開される。

このように技術、サービスの向上で日々多くの乗客を快適、安定的に輸送する車両としてローレル賞に選定しました。

メタリックレッドの外観デザインや、全席に採用されたバックシェル型のリクライニングシートが特徴。

「名阪特急列車は広くゆったりした快適性を実現し、高品質で高機能な移動空間を提供してきた。

51
JR東海車の受賞は2000年の700系以来、21年ぶりとなった。 昨年は「」も受賞しています。 なお、東海道・山陽新幹線において相互に直通運転をしている西日本旅客鉄道においても導入が進められています。 主に大阪難波~近鉄名古屋間を結ぶ「名阪特急」として走っています。 。 ビジネス、観光など多様な利用用途に対応し、車内からの眺望を楽しめる一方、沿線の伝統的景観とも調和する完成度の高さが評価された。 2月下旬に受賞者を発表する。 中間車は平床構造のレギュラー車両で、抗菌消臭機能付きモケット表地の4列シートが並びます。 電動空気圧縮機はレシプロ式オイルフリーコンプレッサ、補助電源装置はIGBT素子を使用した待機二重系3レベル方式の静止型インバータ、空調装置は床下集中ユニット形を採用しています。