議事 録 送付 メール。 【例文付】議事録の書き方やまとめ方の3つのコツとは?

40
メール(MMS)のご利用にあたって、アプリケーションのダウンロード・インストールが必要です。 相手が病気で休んでしまった場合などは、体調について気遣うコメントを入れたり、先方に対するメールなら来社してくださったことへの感謝の言葉を添えたり、相手に対する気遣いの言葉を入れてあげるのも、議事録メールの送り方として重要です。 招集通知の方法は書面の他、電子メールなどで行うことも可能です。 書き方例 それでは書き方をいくつかご紹介していきます。 ・宛名:宛名には会社名や部署、役職、氏名を記載します ・あいさつ:「いつもお世話になっております」などのあいさつ文です ・名乗り:自身の所属する会社名、部署名を名乗りましょう ・本文:議事録の概要を簡潔に記載し、誤字や自社内でしか使われない用語などは使わないようにします ・結びのあいさつ:「お手数をおかけしますが、何卒宜しくお願い致します。 最初に読みやすい議事録のメールの構成を考える まず、議事録のメールを書き出す前に、どのような構成にするかを考えましょう。 」というような本文の最後にくる文です。 そういうときに、急きょ議事録を依頼されたとしたら、あなたは慌てずに対応できますか? または、手を挙げて議事録を引き受けられますか? 今回は、英語での会議で議事録を担当することになっても落ち着いて対応できるように、議事録を引き受けるときのフレーズ、汎用的なフォーマットのサンプル、議事録で使い勝手の良いフレーズ、そして、議事録を会議の参加者に共有するときのメールの例文をご紹介します。 もちろん不要な方もいらっしゃいますから、初めに「ファイル化した議事録は必要ですか?」と確認を行うのが良いですね。