夜 永 唄 歌詞。 夜永唄 歌詞 神はサイコロを振らない ※ mk-news.co.uk

なお、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け全8公演が延期して開催される、神はサイコロを振らないのツアー[神はサイコロを振らない Live Tour 2020 "理 -kotowari-"]のチケット一般発売もスタート。 34 95
No Matter What ニュー・ミニ・アルバム 『理 -kotowari-』 NOW ON SALE DKNN-1002/¥1,818(税別) [DKN] 1. この現象の背景には、新型コロナウイルスの影響で大切な人と会えない状況がある、とも推察される And please follow our blogs for the latest and best Japanese JPOP music, songs, pops and ballads. 試聽 在 KKBOX 中開啟 夜永唄 Cover 作詞:柳田周作 作曲:柳田周作 どうして心ごと奪われてでもまだ 冷たいあなたを抱き寄せたいよ 金木犀の香りが薄れてゆくように 秋が終わり消えていったあなた こうして心ごと閉じ込めて あなたが弱り切った僕から離れないように 沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた 時を止めてこのまま あなたに逢えば二人はもう 友達に戻れないと分かっていた 瞳に映る全てを幻にして 夢の中漂いながら分かっていたんだ 独りよがりの愛と こうして心ごと閉じ込めて あなたが弱り切った僕から離れていかないように 沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた 時を止めてこのまま溶け合う この目や耳や鼻や口や身体中の五感 全てはあなたの為にあるように 独り善がりの口づけを朝までした事を 今でもまだ痛いほど鮮明に覚えてる 花びらに似た指先を 静かに撫でながら過ごした夜が また繰り返されてゆく 何度願っても触れる事さえ叶わない 枯れ果てたはずの涙がまた零れて. ズバリそれは「金木犀」という花の名です
"俺は何故、誰の為/この声を枯らし叫ぶのか/その意味を今ここに記す" TEXT 岡倉綾子. 「心ごと奪われて」とは、最初は彼女の美貌に惹かれたけれど、その後すっかり心まで奪われるほど愛してしまったという意味ではないでしょうか
昨年リリースされたミニ・アルバム『ラムダに対する見解』収録の名バラードで、かねてからファンには人気の高い楽曲ではあったが、なぜ今このような動きを見せているのだろうか そこに共感が生まれるからこそ、15年結成の福岡出身の4人組ロック・バンドは、こうしてめきめきと頭角を現してきた
また、ピアノやストリングスを使用し、よりドラマチックなサウンドに仕上げたバラード「夜永唄」も秀逸 神はサイコロを振らない 夜永唄 作詞:柳田周作 作曲:柳田周作 どうして心ごと奪われてでもまだ 冷たいあなたを抱き寄せたいよ 金木犀の香りが薄れてゆくように 秋が終わり消えていったあなた こうして心ごと閉じ込めて あなたが弱り切った僕から離れないように 沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた 時を止めてこのまま あなたに逢えば二人はもう 友達に戻れないと分かっていた 瞳に映る全てを幻にして 夢の中漂いながら分かっていたんだ 独りよがりの愛と 更多更詳盡歌詞 在 こうして心ごと閉じ込めて あなたが弱り切った僕から離れていかないように 沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた 時を止めてこのまま溶け合う この目や耳や鼻や口や身体中の五感 全てはあなたの為にあるように 独り善がりの口づけを朝までした事を 今でもまだ痛いほど鮮明に覚えてる 花びらに似た指先を 静かに撫でながら過ごした夜が また繰り返されてゆく 何度願っても触れる事さえ叶わない 枯れ果てたはずの涙がまた零れて. これまで以上に時間をかけ、丁寧に作り上げたという本作では、今までにないアプローチにも挑んでおり、新たな神サイの表情を垣間見ることができる
懐かしい景色を描くミディアム・テンポ「未来永劫」(アニメ"ワールドトリガー"EDテーマ)、アッパーなライヴ・アンセム「クロノグラフ彗星」(ドラマ"星になりたかった君と"主題歌)、エレクトロなダンス・ナンバー「1on1」(ドラマ"ヒミツのアイちゃん"主題歌)に加え、伊澤一葉(東京事変/the HIATUS etc. 女性のしなやかな白い指先を花びらに例えるエロティシズムには、耽美な純文学のような美的センスが感じられますよね あるいは、女と男が求めるものの乖離といった、作品の中に仕掛けた大胆なコントラストも聴きどころだ
その中で、失った恋人のことを思い出す人も多かったでしょう 彼らの場合「夜永唄」を突破口に、ファンのみぞ知る隠れた名曲群が掘り起こされ、バンド自体への認知度が上昇、ブレイクへと繋がる可能性がある
どうして 心 こころごと 奪 うばわれてでもまだ 冷 つめたいあなたを 抱 だき 寄 よせたいよ 金木犀 きんもくせいの 香 かおりが 薄 うすれてゆくように 秋 あきが 終 おわり 消 きえていったあなた こうして 心 こころごと 閉 とじ 込 こめて あなたが 弱 よわり 切 きった 僕 ぼくから 離 はなれないように 沈黙 ちんもくさえも 二人 ふたりを 繋 つなぎ 止 とめていた 時 ときを 止 とめてこのまま あなたに 逢 あえば 二人 ふたりはもう 友達 ともだちに 戻 もどれないと 分 わかっていた 瞳 ひとみに 映 うつる 全 すべてを 幻 まぼろしにして 夢 ゆめの 中漂 なかただよいながら 分 わかっていたんだ 独 ひとりよがりの 愛 あいと こうして 心 こころごと 閉 とじ 込 こめて あなたが 弱 よわり 切 きった 僕 ぼくから 離 はなれていかないように 沈黙 ちんもくさえも 二人 ふたりを 繋 つなぎ 止 とめていた 時 ときを 止 とめてこのまま 溶 とけ 合 あう この 目 めや 耳 みみや 鼻 はなや 口 くちや 身体中 からだじゅうの 五感 ごかん 全 すべてはあなたの 為 ためにあるように 独 ひとり 善 よがりの 口 くちづけを 朝 あさまでした 事 ことを 今 いまでもまだ 痛 いたいほど 鮮明 せんめいに 覚 おぼえてる 花 はなびらに 似 にた 指先 ゆびさきを 静 しずかに 撫 なでながら 過 すごした 夜 よるが また 繰 くり 返 かえされてゆく 何度願 なんどねがっても 触 ふれる 事 ことさえ 叶 かなわない 枯 かれ 果 はてたはずの 涙 なみだがまた 零 こぼれて どうして doushite 心 kokoro ごと goto 奪 uba われてでもまだ waretedemomada 冷 tsume たいあなたを taianatawo 抱 da き ki 寄 yo せたいよ setaiyo 金木犀 kinmokusei の no 香 kao りが riga 薄 usu れてゆくように reteyukuyouni 秋 aki が ga 終 o わり wari 消 ki えていったあなた eteittaanata こうして koushite 心 kokoro ごと goto 閉 to じ ji 込 ko めて mete あなたが anataga 弱 yowa り ri 切 ki った tta 僕 boku から kara 離 hana れないように renaiyouni 沈黙 chinmoku さえも saemo 二人 futari を wo 繋 tsuna ぎ gi 止 to めていた meteita 時 toki を wo 止 to めてこのまま metekonomama あなたに anatani 逢 a えば eba 二人 futari はもう hamou 友達 tomodachi に ni 戻 modo れないと renaito 分 wa かっていた katteita 瞳 hitomi に ni 映 utsu る ru 全 sube てを tewo 幻 maboroshi にして nishite 夢 yume の no 中漂 nakatadayo いながら inagara 分 wa かっていたんだ katteitanda 独 hito りよがりの riyogarino 愛 ai と to こうして koushite 心 kokoro ごと goto 閉 to じ ji 込 ko めて mete あなたが anataga 弱 yowa り ri 切 ki った tta 僕 boku から kara 離 hana れていかないように reteikanaiyouni 沈黙 chinmoku さえも saemo 二人 futari を wo 繋 tsuna ぎ gi 止 to めていた meteita 時 toki を wo 止 to めてこのまま metekonomama 溶 to け ke 合 a う u この kono 目 me や ya 耳 mimi や ya 鼻 hana や ya 口 kuchi や ya 身体中 karadajuu の no 五感 gokan 全 sube てはあなたの tehaanatano 為 tame にあるように niaruyouni 独 hito り ri 善 yo がりの garino 口 kuchi づけを dukewo 朝 asa までした madeshita 事 koto を wo 今 ima でもまだ demomada 痛 ita いほど ihodo 鮮明 senmei に ni 覚 obo えてる eteru 花 hana びらに birani 似 ni た ta 指先 yubisaki を wo 静 shizu かに kani 撫 na でながら denagara 過 su ごした goshita 夜 yoru が ga また mata 繰 ku り ri 返 kae されてゆく sareteyuku 何度願 nandonega っても ttemo 触 fu れる reru 事 koto さえ sae 叶 kana わない wanai 枯 ka れ re 果 ha てたはずの tetahazuno 涙 namida がまた gamata 零 kobo れて rete. そのタイトルは"夜永唄"(読み:よながうた) そんな新しいヒットの形を予感させるだけでなく、音楽の持つ力を証明するような、閉塞感を打ち破ってくれる心強い現象でもある
秋に咲く金木犀の甘い香りには、どこか切なさを感じる人が多いそうです 神はサイコロを振らないは、2015年からライヴ・シーンで着実に経験を積み上げてきた実力派バンド
スポンサーリンク 歌詞 どうして心ごと奪われてでもまだ 冷たいあなたを抱き寄せたいよ 金木犀の香りが薄れてゆくように 秋が終わり消えていったあなた こうして心ごと閉じ込めて あなたが弱り切った僕から離れないように 沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた 時を止めてこのまま あなたに逢えば二人はもう 友達に戻れないと分かっていた 瞳に映る全てを幻にして 夢の中漂いながら分かっていたんだ 独りよがりの愛と こうして心ごと閉じ込めて あなたが弱り切った僕から離れていかないように 沈黙さえも二人を繋ぎ止めていた 時を止めてこのまま溶け合う この目や耳や鼻や口や身体中の五感 全てはあなたの為にあるように 独り善がりの口づけを朝までした事を 今でもまだ痛いほど鮮明に覚えてる 花びらに似た指先を 静かに撫でながら過ごした夜が また繰り返されてゆく 何度願っても触れる事さえ叶わない 枯れ果てたはずの涙がまた零れて どうして心ごと奪われてでもまだ 冷たいあなたを抱き寄せたいよ 金木犀の香りが薄れてゆくように 秋が終わり消えていったあなた 作詞:柳田周作 歌詞の意味・解釈 1番 どうして心ごと奪われてでもまだ 冷たいあなたを抱き寄せたいよ 金木犀の香りが薄れてゆくように 秋が終わり消えていったあなた 「秋が終わり消えていったあなた」という歌い出しのラストフレーズから、肌寒い季節に別れを経験した男性の歌であることがぼんやりと見えてきます この花は秋を象徴するモクセイ科の花なのですが、花言葉の意味が楽曲の情景にドンピシャで当てはまるのです