抗 が ん 剤 治療 コロナ。 新型コロナ、約10種の既存薬化合物が有効な可能性=米仏研究者

デキサメタゾン デキサメタゾン(PMDA資料より) デキサメタゾンはステロイドの一種です。 白沢副社長によると、感染初期で自宅療養している患者に対する有望な治療薬候補という。 詳細はです。 アビガンについては、ほかにも愛知県にある藤田医科大学などで86人の患者を対象に臨床研究が行われていますが、今のところ有効性は判断できないとして、8月末までには臨床研究を終えたいとしています。 院内での感染リスクを下げるためにも、受診時の付き添い人数を減らす、不要不急の面会をしないといったことにも留意しましょう。 ただ、副作用など安全性についての情報がまだ限られていることなどから、重症の患者などに限定して慎重に使用されることになっています。 「レムデシビル」は、アメリカに本社のある「ギリアド・サイエンシズ」が、エボラ出血熱の治療薬として開発を進めてきた薬で、新型コロナウイルスの治療にも効果がある可能性が指摘されることから、すでに日本やアメリカなどの各国の医師が、共同で実用化を目指した治験を進めています。 それによりますと、使った患者の一部に心拍に異常がみられたという複数の報告があったということで、医師や患者にリスクを理解して使用するよう求めるとともに、さらに詳しく調査するとしています。 国には依頼があればデータを提供していきたい」と話しています。 5月11日、唾液を検体に使って新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査法を厚生労働省が早ければ5月中に認める方針であることが分かりました。
63