犬 が 足元 で 寝る 理由。 犬の睡眠が長いのはなぜ?犬が突然寝る理由や寝すぎるリスクを解説します!

愛犬を落ち着かせたいときも、屋根を閉めて落ち着かせることができます。 22 47

犬は毛皮を着ています ? ので、布団は本来必要ないですから。

2017. 実は、この愛犬が寝ている位置によって、心理状態が違うと考えられているのです。

ベッドや布団などの寝床を変えても掘る行動がなくならない場合は、寝る場所としてクレートを使用する方法もあります。

犬は飼い主よりも自分の方が上位者だと認識している可能性があります。

ゴールデン・レトリーバーは体が大きいので、朝の散歩後に上半身、夜の散歩後に下半身など、パーツごとに分けているのだとか。

足元でお尻や背中をくっつけて寝ているのであれば、それは外からの危険に自分が最初に気付くための体勢であり、 無意識にも飼い主さんを守ろうという気持ちから現れている行動だといえます。

そして、お尻や背中を見せて寝ている場合、野生であれば背後を襲われる危険がある寝相になります。

愛犬の「ほりほり」に悩まされている飼い主さんも少なくありません。

信頼している相手とくっついて眠ると安心できる、と認識していることからこの行動がとられると考えられます。