日露戦争 海外の反応。 No.1013 歴史教科書読み比べ(38) 日露戦争(下)~ 世界を変えた一戦: 国際派日本人養成講座

98
ユダヤ人にとってロシアは敵で、だからユダヤ系財閥が日本をバックアップしたのです 引用 日露戦争(3)日本の勝利と世界の反応 ロシアは、このあと、アメリカの仲裁を受け入れて戦争が終わります
海外の名無しさんを翻訳しました ロシア人は本当に日本が嫌いなのか? 英国と同盟を結び、ロシアを破った今、ようやくこの危機感が解消され、「欧米列強と並ぶ国になったという安心感と自信」が生まれたという時代認識は我が国近代史の本質をついている 日露戦争の結果について、当時の世界各国の有名な人の言葉や賞賛の様子をいくつか紹介します
この戦争の影響がすぐ全アジアにつたわりますとアジアの全民族は、大きな驚きと喜びを感じ、とても大きな希望を抱いたのであります 世界が熱狂した日本の勝利
イギリスの庶民は驚きつつ、この戦いの始まりの頃にロシア艦隊がイギリスの漁船を日本の戦艦と勘違いして攻撃して放置した(ドッガーバンク事件)ため「ロシアざまぁぁぁあ!」と大喜びだったようです ユダヤ人の妨害によるものです
日露戦争は、日本の勝ちなのです 中国とロシアに対する日本の勝利は、ヨーロッパの植民地下にあるアジアの国々に影響を与え、小さな国のアジア人も、白人の大国ヨーロッパに勝てるかもしれないという確信をもたらした
[c]  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 日本海海戦は日本史のみならず、世界史でも記述すべき出来事なのである 非白人が白人に勝ったのだ」 『』ポール・ゴードン ローレン著(阪急コミュニケーションズ)より引用 「ロシア人の捕虜が日本に上陸するのを目撃したフランスのジャーナリストのルネ・ピノンは『ちっぽけな日本人が、憎しみをあらわに、大いなる白人』を侮辱する、身の毛もよだっ光景を次のように報じた
知らぬはメディアで騙された日本人 日本を支援したユダヤ人も子供に「トーゴー」と名づけることが流行します
トーゴー・ミッズラヒというユダヤ人の中では有名な俳優、作家、映画監督がおり明治38年(1905年)の生まれなのだそうです 316. ロシアでは明治14年(1881年)と日露戦争の前年明治36年(1903年)に、ロシア政府の黙認の下で全国規模でユダヤ人街や、ユダヤ人部落の襲撃が行われ、「ポグロム」(ユダヤ人虐殺)が行われていました
半島に莫大な投資をしたにもかかわらず、恨みだけが残ってしまうことになります [2, p192] __________ 幕末以来、わが国の指導者や国民には、欧米列強の植民地にされるという根強い危機感がありました
なかでもことに多かったのが、清からやって来た留学生です しかし、ロシアの敗戦を期待するドイツは変わらず友好的態度を示して見せます
36
それが青少年向け歴史教科書の責務ではないか。 ヨーロッパに対してアジア民族が勝利したのは最近数百年の間にこれがはじめてでした。 インド人の歴史家ビパン・チャンドラは、アジアのこんな反応を伝えている。 この戦争は、ロシアが日本に降伏したわけではないので、日本の勝ちでもなく、ロシアの負けでもありません。 。 世界政策があるのみだ。 育鵬社版は「乃木希典」と題したコラムを設け、「敵の名誉も尊重する人格者だった」こと、さらに戦後、負傷兵のために乃木式義手を製作・配布したり、学習院院長として裕仁親王(昭和天皇)の教育に当たったことを紹介している。 メディアはほぼ政府系に塗りつぶされて大政翼賛的だが、プーチンは国内の辺境のすみずみまで実際に自分の足を運び、必要な予算措置を指示したりして細かく目を配っている。