約 ネバ ユウゴ。 【炎上】約束のネバーランド 3話が大荒れ?「えっ? ユウゴは??」と戸惑いの声も!

認識番号は07294。

レイも謎の人物に助けられた。

個体差はあるが一般的に戦闘能力はかなり高い。

カチューシャを着けていた。

エマ達の脱走後はフィルと同じプラントに移され、成長して徐々に話せる言葉が増えている。

その後にエマ達と合流し、レウウィスの仮面を破壊してエマ達との共闘の末に止めを刺すなど、猟場での戦闘に置いて重要な役割を果たす。

60
GPで反撃を始めた食用児達との激戦の末、敗北 狩猟以外で神が作り出した命を食してはいけないらしく、エマ達のように農園などで養殖された家畜を食べるのは教義に反するようである
エマ達が七つの壁の情報を揃えた頃にシェルターを発見し、食用児全員を殺処分するために部下と共にシェルターに乗り込み、食用児2人を射殺する 更にもう一段階引っ張ると空中にモールス信号付きの梟のホログラムと【B01-14】の文字列が投影される
エマ達と別れた後、自身の夢を叶えるために邪魔者である追手鬼達を皆殺しにする 「リターンマッチ」2018年8月8日発行(8月3日発売 )、• アニメ2期では未登場 2人は、レウウィスなどの鬼たちと、ゴールディ・ポンド編で激戦を繰り広げました
この「狩りもどき」はピーター・ラートリーに漏れていたらしく、彼から話を持ちかけられ、GPに秘密の猟場が作られた 元はギーランに取り立てられた将軍だったが、彼を疎む王家と共謀してギーランを陥れ、その後釜として五摂家の座に就いた
着替えもあるが、1番小さいサイズでも年少組には大き過ぎで、シェルターに辿りつける子供は出荷対象である6歳以上を想定している事が窺える トラウマのキッカケとなった過去の出来事とは、一緒にグローリー・ベル農園から脱走してきた仲間を『自分の提案』によってすべて失ってしまった事
エマたちがシェルターへ報告しに戻ると、アンドリュー率いる部下たちが、中へ攻め込んできてしまう クリスティ 声 - 5歳の男の子
ふくよかな体型で食べることが好き 「 エマレイみんな…頑張れよ」 そして轟音と共にシェルター内は爆発
44