木魚 は なぜ 魚。 読経中に木魚を叩くのはどうして?なぜ魚がモチーフなの?

昏惰を警むる所以なり」と書かれています。

57
木魚でもその魚の口に玉を咥えています つまり、この木魚のポクポクという音は、睡眠を誘うわけではなく、お坊さんが木魚を叩き、お経を唱えながら、その音を聞いている方々の三毒を吐き出させているのです
こちらのお寺は禅宗の一派である黄檗宗 分かる範囲で、開梛があるお寺をまとめました
それは、魚は、昼夜目を閉じないことから、不眠不休を表しているからだそうです 木魚が誕生したころのお寺ではお経の時に眠ってしまうお坊さんや修行僧が多かったそうで、これを防ぐために木魚を叩くようになったのでした
お寺のご住職様が読経中に叩く木魚は、丸みを帯びた形がかわいらしくポクポクという音も耳に心地良いですよね 以下より、開梆の音を聞くことができます
なぜ魚を模した木なのかというと、 魚はずっと目を開けていることから寝ないと考えられていて、魚のようにしっかりと目を開けて起きて修行に励むという意味が込められているからなんです 「殺生を禁じたり、なまぐさを戒めるお寺に、なぜ木で作ってあるとはいえ、魚が置いてあるんですか?」 木魚はもともと中国のお寺で、細長い木材を魚の形に彫り、それを打って人集めに使ったとされているのですが、さて、なぜ魚になったのでしょうか
さて、一休さんが生きた時代をみてみましょう 当サイトではみんなが気になる、おもしろい由来を518点、厳選して、楽しく覚えられるようにできるだけわかりやすく、まとめあげました
眠気覚まし 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! 木魚を叩く意味が意外すぎる、お経を読む時のアレを防ぐため 実際、私たちが木魚の音を聞いていても、心が落ち着き厳かな気分になりますよね