い の 中 の 蛙 大海 を 知らず されど。 『井の中の蛙大海を知らず、されど空の高さを知る。』大海を知らずまでは聞いた...

それにね、僕はこの井戸の中で一番強いんだ。

黄河の神である河伯(かはく)は、「黄河は本当に大きく、この世に比類する河はない。 「井戸の中のカエルは大海を知らないが、それでも井戸の中の事情には詳しいし、空が青いことも知っている」。 インターネットで調べると、井の中の蛙大海を知らずのあとに続く言葉は複数のパターンがありました。 それは、蛙が狭い環境にこだわっているからである。 ・The frog in the well knows nothing of the great ocean. ちなみに、「小人物には大人物の気持ちや考えはわからない」という意味のことわざは「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや(えんじゃくいずくんぞこうのここざしをしらんや)」です。 意味については「 狭い世界で自分の道を突き詰めたからこそ、その世界の深いところまで知ることができた」という意味になります。 以上が「井の中の蛙大海を知らず」の意味や由来、続きについてでした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「A. 「蛙」は日常語として使用するときは「かえる」、歌語として使用するときは「かわず」と使い分けられてきましたが、「いのなかのかえるたいかいをしらず」と読んでも間違いではありません。 「世間知らず」は「見聞が狭く、世間の事情を知らないこと」です。
78

「夏の虫は氷を知らない」という意味で、見聞の狭い人は広い世界を知らないということを例えた四字熟語です。

特別に君も入れてあげるよ。

ただ天の広さを知る などを付け加えて使用されることがあります。

その光景を見た河伯は得意になり、この世でもっとも壮大な景色だと確信し北海など取るに足らない存在だと思ったため、北海を見に行くことにした。

また、日本や世界を問わず様々な偉人がこの一つの道を究めることの重要性を説いております。

2

あくまでもドラマの中でのお話です。

こちらは『荘子』には書かれておらず、日本で新たに誕生したものだと考えられていますね。

父カエルは子育てには欠かせない水辺を確保する為に、水路を作ったり引越しをしたりして、オタマジャクシの子ども達を守るんだそうですよ。

「井の中の蛙大海を知らず」には実は 「されど空の深さ(青さ)を知る」という続きがあります。

元は中国の神話 原点は中国の思想家である荘子の「秋水篇」の一節です。