健 大 高崎 野球 部。 H29秋大会

さらに、中継プレーを想定した6人1組のキャッチボールと、ただ漠然と肩を温めるのではなく実戦を想定しながらキャッチボールをするのが印象的だった。

不安定だった要因の一つに、例年とは異なる夏までの練習条件があった。

6四球は選んだのですが 攻略までには至らず、1点が遠い展開でした。

失投は少なく攻略しにくいため、こちらから『誘う』」と打撃担当の赤堀佳敬コーチ。

「生理学的に耳の位置でバランスを捕っていると考えられているみたいなんです。

93
だから、トップを入れすぎてしまう選手は耳でバランスをとる感覚がないので、バランスを崩していると思うんです」 後日調べてみると、耳にある三半規管が前後左右だけではなく回転といった、三次元までの敏感に反応している 他の選手も同様に手応えを語る
その健大高崎の強さを生んだのは緻密な理論を生んだ機動力野球「機動破壊」だ 何をやってくるかわからない戦術 は見る者を魅了する采配です
コースをうまく突いて、 三振も多く取れます 時間単位で組まれた練習メニューや質を求めた練習内容は、プロのキャンプと遜色ない
言うのは簡単だが、結実させるのは難しい 172㎝76㎏とがっしりした体格で、ボールに重さがあります
故障により秋の関東大会で登板機会がなかった最速140キロ超えの本格派右腕、今仲泰一も復調の兆しを示し、投手陣が整いつつある とにかくただ単調に練習をするのではなく、様々なメニューを組んで脳に色んな刺激を与えてあげる
制服と鞄と靴は 森英恵のデザイン 普段と異なるポジションを体験して、仲間への声掛けも積極的になった」と成果を語る