年末調整 ぞくがら 父。 「続柄」の読み方とは。住民票や年末調整の書き方も解説|「マイナビウーマン」

「続柄(ぞくがら)」は「続柄(つづきがら)」の俗っぽい呼び方。
同居人と続柄に記入をした場合は、夫婦の証明が出来ません。 住民票は「住民の居住関係を公的に証明」しています。 改正内容については下記もご参照ください。 続柄を記入する書類は大半が公的な書類です。 子どもの夫や妻の続柄:「子の夫」「子の妻」• 赤枠の「あなたとの続柄」には、その上に記入する世帯主が、申告者(あなた)からみてどのような関係かを明示します。 「住民票の請求書」に書く続柄• これが2つ目の読み方です。 では、どんな書類で続柄が必要なのでしょうか? 給与所得者の方であれば、毎年給与支払者に提出する扶養控除申告書や家族の増減があった際に提出する健康保険や年金関連の書類が挙げられます。 過去の戸籍や住民票では、「長男」「長女」「二男」「二女」「男」「女」のように条件に応じ分けて管理していましたが、現在ではプライバシーの保護の観点などから、世帯の子どもはすべて「子」で統一されています。
19 71