オブ ラディン 号 の 帰還 考察。 「Return of the Obra Dinn」をクリアしたので、感想&考察。

船匠もですけど、助手の方が偉そうじゃないですか? 甲板員ヘンリー・ブレナン 最多登場回数を誇る?殺戮の甲板員。

いろいろと調査した結果、当てはまるのは 肺炎なのでは?との結論に至った 今後彼らをどう扱うかとかは特に考えず
これ以上の犠牲を出さないために、本気で何とかしないといけないと考えたはずだ 逃走者たちの大部分は死ぬが、シアが「箱」を使って謎の人魚弱体化ビームを放ち、人魚たちがぐったりする
動画で見たらキツそうだ 臆病な人、勤勉な人、勇敢な人……60人いる乗客乗員の在りし日の姿を遡ると、エモーションと想像力が揺さぶられる
一人称視点でオブラ・ディン号内部を動き回り時間を遡っては船員たちの情報を集めるというのはアドベンチャーのシステムとしてはかなり特異なスタイルだ そして、最後に調査を依頼してきた人物から手紙が届くのですが…! そこに「依頼者であるご主人は、亡くなりました
人魚が叫び声をあげる中、老人の奮闘も虚しく、彼女は息を引き取る ペロットたちのシーンは、クラーケンに襲われているにしては船内があまり揺れていないみたいだったので、クラーケンが去った後なのかもしれないと思っています
ふんぞり返っている印象が強烈すぎて、ンズとウォレスは実はこの騒ぎで入れ替わっているんじゃないか説を自分の中で立ててしまいました 個人的には脳トレのイメージがある
同時に、一人また一人と死んでいったのも知っているので(3人が士官候補生同士だと分かるまで3回ずつくらいそれぞれの死の瞬間を見ていた)、つらかったです クリアしたぞオブラ・ディン Papers, pleaseの製作チームがリリースした推理Return of the Obra Dinn オブラ・ディン号の帰港)をクリアしました! ゆるゆるプレイしてクリアまで2週間くらい
フォルモサの王族「リム・ブンラン」が荷物として船内に持ち込んだもの ちょっとした疑問とか考察? ここからネタバレになります
人間はこの貝殻に直接手を触れられない設定、ということでいいのか 7章その8を見たときは、イカで大変なことになっている甲板にアビゲイルがノコノコ出てきて不自然極まりないと思った
確かにネタバレを目にしては本作の価値はないに等しいのだが、クリア済みで機会があれば他人のプレーを見てみることをお勧めしたい なかなかの長旅である
この「3人分の正しい身元と安否情報を特定すると正解演出が入るシステム」は、推理初心者には救済措置になり、推理上級者にはモチベーション維持になるという、極めて優秀なシステムだと言える フォルモサのタン・チョウ 「貝殻を守らねば、我々は皆死ぬ」というセリフがよく分かりません
本項では、本作の基本情報を紹介いたします 取引の章はクラーケン襲来と時間軸が多少被っている
最期の瞬間で人物を画面中央に合わせてズームすると、その人物の顔と一致するスケッチ資料が自動で表示されたり、どの時系列で初出し、いつ死んだかもわかるようになっています 彼は「貝殻を守らないと皆死ぬ」と言っていた
視覚情報に比べて繰り返し触れる回数が少なくなる分、情報が盲点に入りやすいです メニューから自由に現場検証へスキップできれば、本作の評価は全く変わったものになったと思います
最後のセリフに注目 質問・雑談にて新たに投稿させてください
ゲームを始めた時には、「これ60人分やるの?!」と思って途方もなさに参ってしまったが、一人決まると何人かの安否が特定できるケースもあり、特定難易度もピンキリなので、早い人は10時間しないでクリアできるらしい この時調査を飽きることなく実施できる要因にBGMがあると思っている
三日目にしてノートとペンで必死にメモしだしてやっと推理が軌道に乗ったくらいだ これを受け、ロンドン本社所属の保険調査官が、ただちにファルマス港に派遣された
【Nintendo Switch】 スポンサードリンク 「オブラディン号の帰還」は、2日目にしてバッドエンドを迎えました。 靴と脛骨と腓骨だったのね。 英語版では God in heaven! フィリップは帰ってきたニコルズをタンが撃ち殺す瞬間甲板に居合わせている。 また現場検証は、すべて見終わった後も直接亡骸の元まで歩いて調べないといけません。 そういう意味でも、本作はとても緻密に作られた質の高いアドベンチャーゲームと言えるでしょう。 料理人トーマス・セフトン あんなトゲがいっぱい生えて怪しげな生物を フライにしようなんて、ものすごい料理人としての執念というか・・・。
78